小さな種まき!分子構造モデルで遊んでみよう♪

息子、1月のお誕生日にお友達から、『結晶を育てよう』のちょこっと実験箱のキットをもらいました。

さすが、息子の好みを分かってくれています♪


ここにね、硫酸化カルシウム、リン酸アンモニウム、、、という表示があって、

「これ化学式で表すと何かな?」という私の投げかけから、えらく家族で盛り上がりました。

お風呂に貼ってある原子記号の表を参考に、いろいろ組み合わせを考えたり。


以前から、こちらのゲームでよく遊んでいたので、下準備はできている状態。


そして、前々から欲しいなと思っていた、こちらを購入することにしました。



レビューも良かったので、さっそく購入。

ただ、、、説明書がついていない。

何色の玉が何の分子か解明するのに、少々時間がかかりました。

でも、それが結構面白くて、息子とあーでもない、こーでもないと、アマゾンの商品ページの英語での説明を解読していきました。

玉が2つ穴で、、、赤色で、、、『酸素分子だぁ!!』 

こんな感じでです。


でも、表記が分からないものもありで、、、えっぃ!めんどくさい!
英語表記の説明をコピペして、翻訳サイトにかけると、、、


ますます、分からん。


翻訳された文章に『私。。。』って。

私?私?なに、これ、、、


あーーーーーーー!!元素記号「I」ってことかーーー!!!


つまり、『ヨウ素』ってことねー!!
穴の数も一致してるし!

こんな感じで解読していき。


ネットで簡単な分子モデル表をダウンロードして、さっそく簡単な化学式をもとに分子モデルを作って遊びました。

20180218105306938.jpg


元素のもっている特性などが分からないときは、この本で調べて。。。




「この分子モデルなんだ?」とかクイズを出したり、化学式をあてっこしたり。

理系はさっぱりな私は、これくらいしか広げることはできず。。。(;o;)


そして息子も正直、このキットでは、そんなにずっとは遊ばないと思う(^^;)

でもね、私が高校の時に、ただただ意味もよく分からず、必死に覚えた元素記号の表(すい、へい、りーべい、ぼくのふね~のやつ)みたいにはなってほしくなかったので。

今、完全に理解もできるわけないし、めっちゃ興味をもってはくれないだろうけど、

この先、この分野を習うときに、私がしたようにただやっつけ仕事で暗記をするのでなく、

少しでもハードルを下げた状態になってくれてたらいいなという思いです(^^)


全くもって文系な私と旦那ですが、(元素と分子の違いさえ私には分からんです。。。)

今こうやってテスト前の時間に必死で覚えるのではなく、遊びとしてやるのがすごく楽しいなと。

息子のおかげで、当時理解しきれなかったことが、今こうやって学びなおせることが楽しくてしょうがないです。


こちらの本も図書館で借りてきました。



息子と一緒に私も学び直ししようと思います(^-^)







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

久しぶりの虫イベント♪

英検5級、無事に合格していました♪\(^o^)/


そして、今日は久々の虫ネタ。


先週の三連休最終日、伊丹昆虫館 、略してイタコン友の会に久しぶりに参加してきました。

冬のこの時期、寒くて虫はいないので、こうやって虫のイベントに集まれるのが嬉しいです。

さて、今回のイベントは昆虫写真家、新開孝さんの『虫のしわざ探検』の講演会とその後の友の会交流会。

新開孝さんのお話とっても面白かったです。




この時期、カブトムシ~やチョウチョ~など目に見えてわかる虫は寒くていないけれど、

虫たちが林や森の中で、静かに生きている、虫の住み家のしるしを発見する手がかりをたくさん教えていただきました。

例えば、どんぐりに空いてる小さな穴の正体。。。

木の枝に丸まった葉っぱの正体。。。

などなど、小さな虫のしわざ、早く温かい春になって、探しにいきたいなーと思いました。


って、、、いや、これ完全に虫好きな人の発言になってますやん!?Σ(゚□゚(゚□゚*)

って、もう完全な虫好きだな、私も。


講演会終わった後の、新開先生への質問タイム。

息子、今回も容赦なく質問をしてました。
よくこういった場で、堂々と質問できるもんだなと我が子ながら感心します。

ただ、少々、質問がズレているのが残念なところですが(笑)

それでも丁寧に息子の質問に答えてくださった新開先生。

本にサインをしてもらい、写真撮影もしてもらいました。



そして、講演会の後は友の会の交流会。

最初息子疲れたから帰ると言ってたのですが、目の前に運ばれてくる大量のお菓子とジュースを見て、気が変わったようです7( ´,_ゝ`)

もちろん交流会はお菓子を食べるだけではなく、虫の自由研究の発表会もあり、息子と同じ歳の子が調べたことをしっかり発表していて、本当にすごい!

息子にこういうのを見てもらいたくて、交流会に参加してもらいたかったんですよね。
あと虫好きな人達が自分の好きなものを楽しんでいる姿も(*^^*)

そして、なんと!!昆虫食も振る舞われました。

20180218105103845.jpg

20180218105210541.jpg


旦那、大スズメバチの炊き込みご飯を…

20180218105140623.jpg

うぁ、グロスです(ToT)

息子も色々食べてました。


私はさすがにこれには手を出せず(T_T)

でもせっかくの機会なので、、、

イナゴの佃煮にチャレンジ!?

うん、味は佃煮…食感は固い部分があって、それを噛み砕くのに勇気いりましたよ…( TДT)



久しぶりの虫のイベント。

早く暖かい春になって、虫探しにいきたいなぁ。

春はもうすぐかな♪待ち遠しい(*´∀`人 ♪








見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

息子にとってはじめての英検は

年も大分前に開けていますが(^^;)、今年もよろしくお願いします☆

息子小2(7歳)、先日初めての英検を受けてきました。

級は5級。

去年の末に多読のステップという記事を書き、チャプターブックへの入り口まで持っていくという目標は一応は達成したと書きました。

そこに、息子の英語のモチベーションが上がってきているとも書いたのですが、

今回の英検受験とも関係しています。

実は去年の11月末に、学校でマラソン大会がありました。

運動がそんなに得意ではない息子の順位は全体の半分より下の結果。

「何もかも得意な子はいないんだから、、、」と母親が覚悟さえしていたら、この結果も気持ちに余裕をもって受け止めることができました。(そりゃー、スポーツもなんでもできるに越したことはありませんが。。。)

走りきっただけで満足!とさえも私は思えたのですが、、、

一方息子はそうではなかったみたい。

実は仲の良いお友達は足が速い子が多くて、どうやらその子たちに「足が遅い」とからかわれたようです。

「マラソン大会が20位までの子しか遊んであげない」とか、そんなことも言われたようで(^^;)
まぁ子供って残酷だけど、そんなもんですよね。。。

それが相当悔しかったのと、1位になった子はやっぱり周りから「すごいね!」と言われて、みんなから賞賛を浴びる。

それが羨ましかった息子。

でも、それは本音のところ、私も息子と同じ気持ちだったんです。

1位にこだわる必要はない、、、でもね、「これだけはみんなには負けない!」って思える自信とそれを原動力にできるガッツ、そんな圧倒的な存在が欲しいと、息子も私も感じたんですね。


で、息子に聞いてみた。

「じゃあ、あなたが誰にも負けないもの、誰にも負けたくないものは?」と。




息子「やっぱり英語かな!」





見事スイッチ入りました!






マラソンやスポーツ、ピアノとかできる子は学校でもその様子をみんなに披露する場もあるし、話題にも上がる。

けれど、「英語」は。。。

低学年では英語の授業もそれほどないし、英語をしゃべる機会もない。

自分は英語ができる!という自信を持てる場所がないことに正直今までも感じていました。


英語は言語でコミュニケーションの手段だから、生まれたころから当たり前のようにある環境。

英語が喋れても、読めるようになっても、親は子供が英語をできることを褒めすぎない!

そういう考えがお家英語の世界ではあることも知っているし、そう思う部分もあるけど、、、


小学生にもなったら、成果がでないとモチベーションを持続することも厳しいことは確か。

私は褒める派です。その分、落胆したり怒ったりすることもあるけど;;

で、目に見えて自分の成果として結果が残る「英検」というものを、息子に受けてみない?と聞いたら、

「受ける!」と即答。



お家英語をされている家庭では、小学2年生で5級を受けるのはレベルは高い方ではないとは思います。


5級飛ばして、4級させようかな?とも思ったけど、


「今の息子にとって受かることが、確実に自信をつけさせること」と思ったので、5級を受験。
(いや、まだ結果返ってきてないから、受かっているかは分からないのだけども、、、(汗))

当日は電車に乗って、受験会場の外語大学に向かいました。


5級は5、6年の子が多く、続いて4年生かな。


みんな単語帳を見たりして、試験が始まるギリギリまで真剣に勉強していました。

過去問を見直すとかそんな気は全くなかった息子はその光景を見て、すごく良い刺激を受けたんじゃないかなと思います。
(それだけでも、近くの準会場ではなく、本会場で英検を受験させた価値があるかなと思う)


そして5級の問題は息子にはさほど難しくはないけど、初めてのマークシートに多少不安がありました。

英検までにマークシートの記入の仕方を練習したり。

マークシートに記入せずに過去問を解いたら、余裕で時間あまるけど、マークシートに確認しながら答えを記入していくというのは初めての息子にはなかなか大変だったよう。

私も見ていて、ハラハラ、イライラ(笑)

女子なら低学年でもそれほど難しくなくできるのかもだけど、男子ってやっぱり、、、いや家の子だけか?(笑)



そう考えたら、やっぱり5級を受験することにしてよかったなと思いました。


普段は週に2、3回入れるオンラインの回数を減らして、英検対策にあてた時間も、今後のお家英語のことを考えるとよかったのかなとも思います。



試験が終わって、「疲れたー!けど頑張ったよ!」という清々しい顔を見れて、私も嬉しくなりました。


マークシート記入のミスさえないことを願うばかりですが、、、(笑)



親子共に刺激のある本当に良い経験ができました。(*^_^*)


息子、おつかれさま♪

息子の自信に少しでも繋がると嬉しいです。+゚。*(*´∀`*)*。゚+ ただそれだけです。










見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

まさかギリギリ間に合った!今年の目標達成!多読へのステップ

今年の始めに立てた目標

『一年間かけてチャプター本を読む入り口までもっていくこと』

1ケ月前に書いた前回の記事では、目標はかなわないと思っていたんだけど、まさかの急展開。


先日、こちらの本を手渡して『もう十分に読めるレベルになってると思うよ、読んでみたら?』

と、息子に進めてみたら。



「うーん、読んでみる」と。


そして、息子ニヤついた(・∀・)

読めるかもというまんざらでもない表情(笑)


その日はフラニー1冊丸々は読み切れなかったんだけど、一人でこんなにページを読み進めれたのは初めて。


で、次の日は図書館から借りてきたNateの本とフラニーの本を見せて、「どっちの本読んでみる?」と聞く私。


息子は以前から何度も音源をかけ流しているNateの本を選びました。




(音源だけでなく、本も図書館で借りてきて読んでみたら?とすすめたこともあったんだけど、その時はさっぱり。

読み聞かせも嫌がったし、音源と一緒に合わせて読む聞き読みすらスピードに合わせられず断念してた)


で、最初はNateの本を手にしてはみるも、集中できず、いろんなページをペラペラめくったり、
関係のない話をしたり。。。

むむ。ということで、読んでいる息子の側に私が座り、少々アドバイスを。

「もう少し、黙って読み進めてごらん。」「読むの早いね~かあちゃん追いつけないわ~。」など、本に集中するような働きをすると、

段々息子も無口になり、文字に集中しだして、5ページ、10ページと読み進めていけるように。

本当はね、息子が自分で自分のタイミングで洋書を手に取って読みだすのが一番なのかもしれないけど、

多分ただ待ってるだけでは、そんな日は一生来ないかもしれないしね(笑)

この一年かけて、読む練習はいっぱいしてきたし、語彙も増えた。

あとは、『読める!という自信』そして『読むという環境を作る』だけ、、、

そう思って、半ば強引ではあるけれど、今回のように息子の背中を押してみることにしました。


そして、見事Nateを1冊読み切った!(」*´∇`)」

息子嬉しそう!そして『読めた!』という自信と達成感!

そして、読めることが楽しいという気持ちが息子に改めて芽生えたようです!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
(日本語の本を一人で読み始めた時のような感覚)


Mighty Robotを読んだときは音読だったけど、今回のNateは黙読で!

ここ最近音読で読む本も1000語近くなってきてて、音読がしんどくなってきていたので、

黙読として読んだのも楽だったから今回読み終えるということができたのかもしれない。


いつまで音読で、いつから黙読なんだろう。。。と最近ちょうど思っていました。

こういうタイミングだったんだねとなんだか妙に納得してしまった私です。


そして、もちろん黙読でも到底レベルの難しい本なら読めなかったと思うけど、

何度か音源でかけ流してて、なじみがあるストーリーだったのが良かったのもある。


そして、私の中で十分に音読する期間を作り(途中ストップもしてたけど年長からORTを音読してました。)

声に出して読むことで、息子が理解できていない単語などを私が把握できていたことがとてもよかったと思う。

最近では単語の語彙も増えてきたし、読めるものも多くなったので、そろそろいけるのかな?と思った私の感は正しかったのかも。


十分に音読をさせたことで、自信をもって黙読での多読へのステップへ送り出せたように思います。(* ´ ▽ ` *)

今日も別のNateの本読んでました。


いやいや、もしかしたら今回もまぐれで読めただけかもしれないし、3歩進んで2歩下がるとはちゃんと理解してます。

そして一応目標には達したけど、定着はしていないので、当分は一人で読むという環境を整えていきたいな。

もちろん、後戻りしながら。

でも、この一年間で(実を言えば無計画だった時期を入れるともっと長いけど。。。(笑))、ここまでこれたことに驚きと感激。

そして諦めずについてきてくれた息子の頑張りにも感謝!


あとね、ここ最近息子が成長していると思うことに理由があります。

『僕には英語がある!英語でみんなよりも一番になりたい!』って気持ちが息子自身に芽生えてきたから。

そう思えるようになったのには色々あったんだけどね。(笑)また書きます。


この気持ちが今の息子の英語に対する大きな原動力になっているんだと思います。


まだまだ先は長いよ!(*´_ゝ`)

でもひとまずここまで来れたことに喜びつつ、また頑張っていきます!o(^▽^)o









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

多読へのステップ④今のレベルは?多読の効果かな?

この多読へのステップもなかなか記事にできておらず。

今年の初めに、1年間かけて自力読みにてチャプターブックへの入り口にまでレベルを持っていこうという計画です。

9月に奇跡的にMighty Robbotの本を1冊、一人で読み切ったのち。。。(その時の記事

のち。。。

のち。。。


ふむ、あれはやっぱり夢か幻か、、、な感じで劇的な変化もありません(笑)


でも、毎日続けており、少しずつではありますがステップアップしてきております。




息子の好きなFLY GUYシリーズ(語数でいうと300~400前後)からなかなか抜け出せずでしたが、


最近やっとこのレベルから抜け出せました。


今のレベルは語数でいうと600語あたり。

Step Into Readingでは③、 I Can Readだと②あたりかな。


今は毎晩Step into Reading③のARTHURを読んでいます。



このstep into readingのアーサーはお友達に借りているんだけど、18冊くらいあるのかな。

1年前くらいに借りたときは完全に読み聞かせだったのが、今は結構スラスラ読めるように。

もうそろそろ、あと数冊で終わりそうなので、次なる本を確保せねばと。

チャプターに入る前に、500~600くらいの語数の本をたくさん音読で読ませたいなと考えています。

たくさん読ませるには、数も必要。

でね、息子の性格も考えてみたら、うちの息子かなりの凝り性(笑)

コレクションだったり、同じものにずっとハマったり。
(こびとづかんに、ウルトラマンに、あたしんちに、、、)

ハマったらずっとそれなんです(^^;)まぁ子供ってそうなのかもしれないけど。


なので、自力読みでする本もシリーズで同じレベルの横のものがたくさんあるほうがやりやすい。

実はアーサーも本を読むようになってから、動画もうまく誘導して、今はYOUTUBEでアーサーを見ることが多いし、アーサーの音楽CDを買ってかけ流したりと、アーサー中心な生活(笑)


で、話が長くなったけど、アーサーの次に用意しようと思うのが
I can read③のFLAT STANLEYにしようかと。



なぜにこれにしたかって?
息子が読めそうなレベル(I Can Readの②)で、シリーズもの、、、と考えたら、FLAT STANLEYが浮かび上がった。。。

以上(笑)

1~3ケ月待ちの本もあったけど、読むか読まないか分からないけどとりあえず大量にポチってやりましたぜ。



あと1ケ月ほどで今年も終わるので、最初に目標立てていた、「この1年でチャプターブックへの入り口に立つ」は到達はしなさそうだけど、、、

でも、持っていきかたの兆しは見えてきたかな。


そして、何よりも驚くことが、、、

多読を進めていくことで、息子のスピーキングが伸びた!(ような気がする。。。←ちょっと弱気^^;)



オンラインで先生と話すとき、先生が話したことに対しての、息子の返しのセンテンスが大幅に長くなった。

関係代名詞つかったりとかで文章自体が長いというわけではないけれど、

接続詞でうまく文章をつなげて、以前より大幅に話す内容が濃くなった。(大げさか(笑))

先生が話そうとするも、息子の話が終わらず話し続けることも増えた。途切れなくなった。

会話が先生主体の流れではなくなった。

など、スピーキングが上達したことで、会話に深みがでた感じ!(*≧∪≦)


多読効果かな。すごいな。

確かにスピーキングだけで伸びるってことはないから、聞く、読む、書く、話すのバランスで言語って伸びるもんだもんね。


声に出して読む音読はどこまで続けようかなって感じだけど、音読することで私も息子の理解度や進みが分かるし、

音読でアウトプットした自分の声が耳に入るインプットにもなるし、音読でいけるとこまで頑張ります!


少しずつ、少しずつだけど息子の様子を見ながら進めていこうと思います(* ´ ▽ ` *)









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR