オンラインで"古墳kofun"について英語で話してみよう!

先週末、歴史好きな息子と一緒に行った五色塚古墳(その時の記事)。

全くもって(私の)準備不足ではあるとは感じていましたが、旬が冷めぬうちに、、、とオンラインで古墳の話を先生としてもらおうと、

こんなものを作って、レッスンに臨みました。

スケッチブックに、古墳の写真を貼ってみました。
20171004083228817.jpg

古墳とはなんぞや?英語で
20171004083312556.jpg
↑の説明はまるっと先日購入したこちらの本から引用しました。



自分で古墳とは何かを英語で説明できるスキルももちろんなく。(息子も私も^^;)

なので、まずは模範解答を覚えるのが手っ取り早いと思って。


まずはこのスケッチブックの古墳の写真を見せて、"Do you know What it is?"を切り口に古墳トークをスタート。

そして、古墳の上の説明文を息子が読む。


これだけの脇の甘い武装でトピック『古墳』の英語での会話に臨ませようという無茶な母(笑)

息子は私の作った完成度の低い武器(スケッチブック)を見て、、、

もちろん難色をしめす。(笑)


でしょううな。。。。^^;


「いやいや、いいんだよ。週末に行った古墳の話を広げるのに、少しでもきっかけになればいいんだから。(無茶ぶりとかは気にせずに)とりあえずやってみたらいいよ。母さんもヘルプするから~!」


とそんな軽い気持ちで仕掛けたオンラインレッスン。


でも、先生さすがです!!

話、広げてくれる!広げてくれる!

(以下先生 息子

古墳はお墓ってこと?

そうだよ!昔の皇帝とか権力を持っていた人のお墓

(古墳の写真を見て)森みたいになってるよね、周りには池が作られてるの?

中心部にはどうやって行くの?

階段(笑) あ、僕が行ったのはここの古墳じゃないの

墓の周りには何があるの?

ハニワだよ

ハニワってなに?

お墓を守る、祀る人形みたいなもの

色んな形や種類があるんだよ。(ホワイトボードに絵をかきかき)


じゃあ古墳ってピラミッドみたいなものかな?

あ、じゃあ中国にもおなじようなものがあるよね?知ってる?

兵馬俑知ってる?


知ってるー!

(ここで自分の知ってる知識をひけらかす息子)兵馬俑の持っていた刀、泥棒に盗まれちゃったことがあるんだって。

(↑その情報の真相は私には分かりませんが、(笑))



こんな感じで、見事"kofun"なキーワードで盛り上がれた会話。
(もちろん、つたない英語、私が側でググったりもしながらwww)


うん、準備不足だとは分かってはいたけど、旬を冷めないうちに取り入れてよかった。

これで古墳について「英語でも話せる!」って単純な息子は思ったかもしれないし、

今後深めていく良い入り口にはなったかな。(^-^)/



無茶ぶりだと自分でも分かってるけど、旬を見逃すなんてもったいない。

こんな100均のスケッチブックで作った薄っぺらい内容で挑むのは無謀だろうけど、息子にも「仕掛ける!」という面白さを感じてもらいたい!



もちろん、虫の時の持ち込み企画と同様、ちゃんと広げてくれそうな信頼している先生とのレッスンで取り入れていますよ。
(いや、虫の時は結構、本当に無茶ぶりして、先生たちが最初キョトン。。。となっていたこともあったけど、(笑))




「仕掛ける!」これ、最近の私の好きなことば(*´_ゝ`)


少しでも良い方向、面白い方向に行くように、自分から仕掛けていく!

小さい時からその感覚を持って、人生を楽しいものにしてもらいたいな。

今は私の仕掛けたことに(シブシブの時もあるけど)乗っかってくれるけど、

年齢が上がるにつれて、持ち合わせている明るい性格も変わってくるかもしれないけど、

せっかく子供のころから、英語でも日本語でも自分の好きな話をする場を楽しめてるんだもん。



そして、古墳の話、もっと熟成して今度は自分の言葉で説明できるようになっていけたらいいな。\(//∇//)\



※おまけ※

相変わらず、文法めちゃめちゃな息子の英語。

でも私はあまりそこまで訂正はせず、オンラインでも好きに話させてます。

最近の息子の口癖はwill be。。。

たまたま奇跡的にwill beを使って未来形の受動態が出来上がってしまうこともありました(笑)


昨日は坂本竜馬の話をしている時も、willがオンパレード(^^;)


いやいや~、坂本龍馬、、、もう亡くなっていますからーーーー!!残念(笑)







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

♪ハニワニワ 五色塚古墳へ

息子(小2、7歳8ケ月)

レキシの♪ハニワニハの歌を聴いてから、埴輪、古墳時代により興味を持ち出した息子。(*´ω`)┛

ということで、五色塚古墳へ先週末行ってきました。

20171002082801992.jpg
写真を撮るのに夢中な息子(その写真を撮るのが面白い私)



20171002082841815.jpg

長い階段を駆け上がっていくと。。。



20171002082919445.jpg

20171002083158774.jpg
おぉ~古代のロマンを感じちゃう♪


20171002083117110.jpg
見晴らしもすごく良い♪
右はじに見えているのは明石大橋。

いつも釣りにくるアジュール舞子のすぐ裏側に(山側)こんな古墳があるとは全く知らなかったよ。

こんな立派な立地に残されている古墳だから、相当権力を持っていた人物のお墓なんだろうな。


『ハニワニワなポーズよろしくお願いします!』で、このポーズ!!
20171002083259372.jpg

いつもはこうやって息子が好きな場所(歴史やサイエンス系)に出かける前は、ネットや本などで一緒に情報を下準備するんだけど、今回は息子にこちらの本を渡して予習してもらいました。


(予習っていうほど大したもんではなく、息子の好きな本を渡しただけだけどね。。。^^;)
本を読んで大量の情報を得てくれるようになり、すごく楽になりました。

もちろん、息子と一緒に下準備、前準備の計画たてたり、情報をシェアする時間が楽しかったりするんだけどね(´ω`人)


また埴輪を粘土で作ろうね、と約束して五色塚古墳を後にしました。o(^▽^)o


その後は湊川神社で毎月1日に行われている、楠公さんの手仕事市に。
20171002082702681.jpg

ちょうど1日が週末にかかってラッキー。

たくさんのハンドメイドの品の露店がでていて、見ているだけでもワクワク(*≧∪≦)





今度は世界遺産になる前に、堺市にある古市古墳群を見に行こうと思っています(*^_^*)






見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

ついにこの日がキター!!初めてチャプターブックを読み切った日!

大人気シリーズ(っとか言っちゃって~(=∀=))の多読のステップの記事(2017年3月末)を書いてから、このカテでは記事を更新していませんでした。


一年間かけて、多読の入り口1000語ぐらいの本(初歩のチャプターブック)に持っていきたいという目標をかかげたのが今年の3月。

目標を掲げて、半年。。。

ついに、息子がチャプターブックとやらを一人で読み切りました!!(//>ω<)


息子が初めて読み切った本はコチラ!


語数1472
YL1.4

実はこの本は半年以上前に買ったんだけど、ペラペラ~とは見たけど、(もちろん)その後うんともすんとも手にも取りませんでした。


目標を掲げて半年、記事にあげたように、ステップを追ってステップアップしていく予定でしたが、なんやかんやあり、

実際は500語くらいまでいけたくらい。

でもあと半年あるから、、、と自分には言い聞かせて、そんな焦ってもいなかった私。

読みの練習として、ちゃんとした本という形で読んでもいなかった。

ただ毎日取り組んだのはサイエンスDKのワーク。

①(2017年3月~5月末)


②(同時進行で~2017年6月末、3巡しました)


③(2017年6月~7月半ば)


④(途中から 2017年7月半ば~7月末)


⑤(2017年8月~9月末)



これらのワークを読み物として取り組んできました。

『英語の本を読もう!』となると、どうしても構えてしまって、「苦手、無理~」と逃げ腰になる息子。

なので、本という形にこだわらないで、ワークの説明文を英語の読みに使ってきました。
(オンラインでもネット上の虫のサイトをレッスン中に読んだりもしていました。)


で、このサイエンスDKの⑤のワークに入ったあたりから、長い単語でも結構読めるようになってきて、

読むことに抵抗もなくなってきた感じがしました。

ずっとサイエンス系のワークなので、同じ単語も反復して出てくるので、無理なく自然に身に着いた感じかな。

そうすると、息子の中でも「あれ!読めるかも!できるかも!」って感覚が芽生えてきたなというのが側にいて私も分かるようになりました。


「できるんでゃう!めっちゃ読めるようになってるー!」と私も毎日息子に口に出して言い続けていました。

そして、正直なんの期待もなく、「Mighty Robbotの本、読んでみたら?読めそうじゃない?」って声掛けをしてみました。

あ、読み切ったらレゴ買ってあげるというエサはぶら下げたんだけどね(笑)

そしたら、意外にも息子の方が本気になって、


初日は12ページ、

2日目は17ページ、

3日目は、まさか一気に最後まで読み切っちゃいました!Σ(゚□゚(゚□゚*)


最初は黙読する~って息子言ってたんだけど、多分一人で読めてるか不安なんだろうね、

途中から音読しはじめました。


そして、私はまさに読み聞かせしてもらっている側の立場で息子が読んでくれるストーリーに引き込まれて、

横でワクワクしながら息子の英語を聞いて一緒にストーリーを楽しみました。
(もしかしたら私も英語の本のストーリーがこんなに面白い!と思ったの初めてかも)

そこで気を付けたことは一つ。

できるだけ、息子自身に本を持たせて、息子自身でページをめくらせたということ。

自分主体、自分のペースで本を読んでいるという感覚を持ってほしかったから。


最後の方は、自分からすらすらページをめくり、そろそろ終わりにするかな?と私は思っていたけど、

ページをめくる手が止まらない!そんな感じで最後まで一気に読み切りました。


そして、3日目にして、最後まで読み切った息子は「ヨッシャー!!」と大きなガッツポーズ♪───O(≧∇≦)O────♪

もうその場に立ち会った私は感動でしたよ♪


あんなに、読むことに前向きじゃなかった息子が、こんなにも自信満々でそして達成感を抱いてる様子に。


息子に「今回なんで読み切ることができたの?」という質問を堂々とぶつけてみました。

そしたら返ってきた言葉が。。。

「読めるかも!っていう自信と、英語ができるようになりたい!読めるようになりたい!って気持ちが出てきたから」とのこと。

やっぱりそうなんだね。いくら周りが読んでほしいと思っても、本人の気持ちが乗らないとダメだったんだね。
(実は学校の勉強、宿題などここ最近すごくテキパキと終わらすことができるようになりました。それとも連動しているのかな)

でも、その気持ちが一番だと思うけど、実際気持ちだけでは読めるようにはならなかったし、

ワークを通してボキャブラリーを増やしていけたことが決め手でもあるなと思います。

まぁ結果として、それが息子の「読めるかも!」という自信になったんだろうけど。


あと、読むことに対してのハードルを下げるために、聞き読みということもこの半年でたくさんやりました。
日本語でもサバイバルシリーズなどの学習マンガが好きな息子。

英語でもマンガならいけるかも!と







こちらはレベル1~2までの12冊を(レベルは3まであります)


こちらのシリーズもレベル1~3までの18冊

こちらもサバイバルシリーズと一緒で韓国の出版社。

聞き読みも本当に役立ちました。これからもまだまだやります!





そしてさっそくまた次のMighty Robbotのシリーズを購入し、昨日も読み始めました。

そんでもって、book peopleで注文していたこちらのシリーズも良いタイミングで届きました。


これはkindle版だけど、実際はペーパーブック。
book peopleで10冊送料込みで1300円ほど。

中は字も詰まっていなくて、程よい感じで読みやすそう。


うんうん、でも、ここで焦ってはいけませんよ、私。

息子が乗っている時に一気に加速をかけたいところではあるけれど、

3歩進んで、2歩下がる。。。を肝に銘じて。焦りは禁物。

息子のペースで、息子の意志で読み進めることをしてもらいたい。


もしかしたら今回最後まで読み切れたのはたまたまの奇跡だったのかもしれない(ご褒美にレゴもあったし)


でもね、これだけは言える。

今回のことは息子にも、そして私にも、本当に良い成功体験として刻まれたこと。

今まで根拠なく「大丈夫!やることはやって、その時が来るのを待っていたら大丈夫!」ってそう思っていた気持ちが嘘じゃないってことが分かりました。

本当によいタイミングで改めて私に教えてくれました。(´ω`人)


『信じて待っていたら大丈夫!』







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

歴史と遊ぼう‼英語でもいけるかな!?

歴史が好きな息子。(小2 7歳)

最近ではオンラインでも歴史上の人物のトピックでオンラインの先生とも話しています。

彼の英語レベルではそんな難しいことは話せないんだけど、オンラインの先生もネットで調べながら、

そして紐解きながら一緒に話題を広げてくれます。

好きな歴史上の人物は誰?

なんで好きなの?

その人は何をした人なの?

なぜ亡くなったの?(どういう死に方したの?)

など。


日本語では細かく説明できる息子も英語となるとやっぱりハードルが高くなりすぎます。


虫にハマった時と同様、こちらも英語での言い方、知識を私が息子に入れてやる必要がありそうです。


その為にこちらの本を購入しました。



『武田信玄とはどのような人物ですか?』
What kind of person was Takeda Shingen? とか

『大阪城はいつできたのですか?』
When was Osaka Castle built? とか。


あと、忍者についてとか新選組とか。

30秒で英語で説明できる解説が書いています。


英語訳だけでなく、日本語の説明だけでも息子には興味をそそりそうな内容。


歴史は過去の話だから、過去形、過去形の受動態などの文法で書かれているところも勉強になります。


この本、トイレにおいてたら息子はずっと読むかもしれないけど、(^^;)

まずは私が窓口になってこの本の使い方を広げていこうと思います。


虫の次に宇宙にハマってほしかったものの、ウルトラマンに持っていかれた件。

多分、英語で宇宙について話す場がなかったのが一番の原因。

今回は歴史について、オンラインの先生も一緒になって広げてくれたので、これを機に歴史を英語でもイケたらいいな。


そのためには息子自身がもっと歴史について知らなくちゃね。
それに伴う英語も少し入れないとフェイドアウトしてしまう可能性大!大!大!なので。

もう少し、インプットの仕方の計画を練ってみよう。


そして、いずれ世界史にも広げてみたいな。




そんな歴史な息子とする最近のカードゲームはこちら。


20170904081542178.jpg


Amazonのレビューにはルールが難しくて、よくわからないとあったので少々心配はしてたんだけど、

大丈夫みたい!

というより、結局我が家は私がルールを把握するのが苦手なので、結構オリジナルルールで進めちゃっています(^^;)


私は歴史は本当にチンプンカンプン。。。知識ゼロなので息子に教えてもらいつつ遊んでます。

これが息子にとってはいいんだろうね。

自分が私より得意げでできるところがポイントなんだろうな。



そして前の記事にも書いたけど、
息子は今レキシが大好き!

これもレキシブームを維持するのに一役買っています。ヾ(o´∀`o)ノ

いつかコンサートいきたいな♪



そして、我が家はもともと持っていた歴史漫画


息子が小さい時から旦那がこの漫画を読み聞かせしていたのも息子が歴史好きになった大きな理由。

でも、↑は新しいバージョンだけど、我が家にある集英社の漫画は古いもので、絵が今時じゃないんですよね。

だからか、なかなか手に取らず。

というのも、サバイバルシリーズの歴史を一通りそろえていているので、やっぱり息子はこちらを手に取ることを優先しちゃう。



そして、先日古本市場で、学研の歴史漫画を発見!
めっちゃきれいな状態でお安くなっていたので、シリーズ全部購入・・・。



絵が今っぽくて、私もつい手に取って読んでしまう。

やっぱり絵って大事。


歴史漫画そんなにいらないっちゃいらないんだけど、、、


でも、同じ内容でも切り口が違ってたり、いろんな表現で書かれているものをたくさん読んだ方が

浸透しやすいと思って。


トイレにおいてあるこちらのカレンダーも毎日チェック!



好きなものって本当にすごいな!

ほっといても勝手に知識増やしていくんだもんね。

でも、オンラインで歴史を入れていく方法はもう少し私が計画立てなきゃ。


こちらはうまくいけばまた記事にしようと思います。( ̄^ ̄)ゞ


あとは、季節もよくなるし、歴史巡りにもっと出かけてみようと思います♪







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

英語で博物館⁉ 『人と自然の博物館へ』

いや~!タイトル『英語で博物館⁉』

昔から一度書いてみたかったタイトルです(笑)

ブログを始めた、まだ息子が小さかった頃。

親子英語されている方が友達同士で水族館を英語でまわったとかプレイデートで博物館に行ったという話がすごく羨ましいなぁ~と

漠然と憧れていました。(〃▽〃)


そして、今回夢にまで見た『英語で博物館⁉』のチャンスがやってきました!


いつも記事にUPするのが遅い私なので、
先にレポしてくれているhiroちゃんミサちゃんのブログ記事で詳細をご覧ください。(*´_ゝ`)



今回は私の地元である人と自然の博物館にお家英語仲間と行ってきました。

ここの博物館は大好きで、息子と旦那もしょっちゅう通っております。多い時は週一で通うほど(^^;)

実は私も子供のころ遠足できたことがある馴染みの深い博物館です。

あ、昔もブログにあげてたな。


時間があるとき、暇な時はここの博物館に来たら、間違いない!って感じの頼りになる存在です。


そんな大好きな博物館で、去年、特注セミナーというものの存在を知りました。

団体向けに、専門分野に詳しい講師や博士が特別にセミナーを個別にしてくれるという内容!

しかもお値段は無料かもしくは本当にお安い設定。

すごく魅力的な内容がたくさんです!

しかも英語を話せる講師の方がおられたら、その対応もしてくださるとのことだったので、

(*ノ∪`*)色々交渉させていただき、私たちのために本当に素敵なセミナーを設けてくださいました。


窓口担当になってくださった方、講師の方、みなさん本当に親切でした。


スタッフの方々は『子供たちの好奇心や満足を満たしてあげたい!』という気持ちで仕事をされているのだなと、

伝わってきました。



20170831153050317.jpg

アンモナイトの化石レプリカ作り。
これ、実は以前に息子はしたことがあったんだけど、今回お友達と一緒に作って、そして化石の知識やお話をたくさん聞くことができて、以前した時以上に楽しかったみたいです♪



20170831153022647.jpg

その後は館内を英語で説明してくださりました。
hiroちゃん、ミサちゃんがレポしてくれているように、大人数で小さい子供たち向けに対応してくださるのは大変だったと思います。
しかも英語で!それでも英語での対話を貫いてくださり、本当にありがたかったです。
話を聞きたい内容だったら先生の近くに寄っていって、英語で聞いて話して。
そして自分の見たいものがあれば、隣の展示を見たりと、

プライベートの英語の先生と一緒に博物館に来たようなリラックスした感じで館内をまわることができました。


そして肝心な息子の反応はというと。。。

いつも以上に積極的でノリノリでした(〃▽〃)

ノンフィクションが好きな息子は、オンラインでもサイエンス(ほぼ虫だけど、生物や植物なども)を中心に話をすることがほとんどなので、今回はいつもの延長戦のような感じで、対面で思う存分、知的好奇心を満たせたご様子。



そして、息子が小さい時に私が思い描いていたプレイデートと現実は違っていました。

いや、悪い意味じゃなくてね。


あの頃思い描いていたプレイデートって『ペラペラキッズ』っていうのが全面に出てきて、常に英語でガッツリ遊ぶ!という感じをイメージしてました。

でも現実、、、息子はペラペラでもなんでもない。(´・_・`)


だから今までも英語で遊ぶ場に誘ってもらっても、引け目を感じることもあったし(息子は英語モードが保てなかったり)、劣等感というよりも、息子を私が追い込んでしまうと考えたり、色々と今まで考えてきました。



でもね、でもね、


今回改めて感じたこと。


日本語も英語も自由に行き交う、仲の良いお友達と好きな時に好きな言語で話して、遊ぶ!


本当に心地の良い空間と時間でした!息子にとっても私にとっても。


もちろんいつものメンバーの中に、ずっと英語だけで楽しく遊べて過ごせるペラペラキッズもいます。



年齢が上がってくるにしたがって、英語との付き合い方も変わってくる中、心強いメンバーと英語で過ごすことが楽しいと思える瞬間に感謝です。


また色んな企画を立てて、楽しめたらよいなと思います(* ´ ▽ ` *)


そして今回、私たちの為に特別にセミナーをしてくださったスタッフの方々に感謝です。
本当にありがとうございました!!







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR