ついにこの日がキター!!初めてチャプターブックを読み切った日!

大人気シリーズ(っとか言っちゃって~(=∀=))の多読のステップの記事(2017年3月末)を書いてから、このカテでは記事を更新していませんでした。


一年間かけて、多読の入り口1000語ぐらいの本(初歩のチャプターブック)に持っていきたいという目標をかかげたのが今年の3月。

目標を掲げて、半年。。。

ついに、息子がチャプターブックとやらを一人で読み切りました!!(//>ω<)


息子が初めて読み切った本はコチラ!


語数1472
YL1.4

実はこの本は半年以上前に買ったんだけど、ペラペラ~とは見たけど、(もちろん)その後うんともすんとも手にも取りませんでした。


目標を掲げて半年、記事にあげたように、ステップを追ってステップアップしていく予定でしたが、なんやかんやあり、

実際は500語くらいまでいけたくらい。

でもあと半年あるから、、、と自分には言い聞かせて、そんな焦ってもいなかった私。

読みの練習として、ちゃんとした本という形で読んでもいなかった。

ただ毎日取り組んだのはサイエンスDKのワーク。

①(2017年3月~5月末)


②(同時進行で~2017年6月末、3巡しました)


③(2017年6月~7月半ば)


④(途中から 2017年7月半ば~7月末)


⑤(2017年8月~9月末)



これらのワークを読み物として取り組んできました。

『英語の本を読もう!』となると、どうしても構えてしまって、「苦手、無理~」と逃げ腰になる息子。

なので、本という形にこだわらないで、ワークの説明文を英語の読みに使ってきました。
(オンラインでもネット上の虫のサイトをレッスン中に読んだりもしていました。)


で、このサイエンスDKの⑤のワークに入ったあたりから、長い単語でも結構読めるようになってきて、

読むことに抵抗もなくなってきた感じがしました。

ずっとサイエンス系のワークなので、同じ単語も反復して出てくるので、無理なく自然に身に着いた感じかな。

そうすると、息子の中でも「あれ!読めるかも!できるかも!」って感覚が芽生えてきたなというのが側にいて私も分かるようになりました。


「できるんでゃう!めっちゃ読めるようになってるー!」と私も毎日息子に口に出して言い続けていました。

そして、正直なんの期待もなく、「Mighty Robbotの本、読んでみたら?読めそうじゃない?」って声掛けをしてみました。

あ、読み切ったらレゴ買ってあげるというエサはぶら下げたんだけどね(笑)

そしたら、意外にも息子の方が本気になって、


初日は12ページ、

2日目は17ページ、

3日目は、まさか一気に最後まで読み切っちゃいました!Σ(゚□゚(゚□゚*)


最初は黙読する~って息子言ってたんだけど、多分一人で読めてるか不安なんだろうね、

途中から音読しはじめました。


そして、私はまさに読み聞かせしてもらっている側の立場で息子が読んでくれるストーリーに引き込まれて、

横でワクワクしながら息子の英語を聞いて一緒にストーリーを楽しみました。
(もしかしたら私も英語の本のストーリーがこんなに面白い!と思ったの初めてかも)

そこで気を付けたことは一つ。

できるだけ、息子自身に本を持たせて、息子自身でページをめくらせたということ。

自分主体、自分のペースで本を読んでいるという感覚を持ってほしかったから。


最後の方は、自分からすらすらページをめくり、そろそろ終わりにするかな?と私は思っていたけど、

ページをめくる手が止まらない!そんな感じで最後まで一気に読み切りました。


そして、3日目にして、最後まで読み切った息子は「ヨッシャー!!」と大きなガッツポーズ♪───O(≧∇≦)O────♪

もうその場に立ち会った私は感動でしたよ♪


あんなに、読むことに前向きじゃなかった息子が、こんなにも自信満々でそして達成感を抱いてる様子に。


息子に「今回なんで読み切ることができたの?」という質問を堂々とぶつけてみました。

そしたら返ってきた言葉が。。。

「読めるかも!っていう自信と、英語ができるようになりたい!読めるようになりたい!って気持ちが出てきたから」とのこと。

やっぱりそうなんだね。いくら周りが読んでほしいと思っても、本人の気持ちが乗らないとダメだったんだね。
(実は学校の勉強、宿題などここ最近すごくテキパキと終わらすことができるようになりました。それとも連動しているのかな)

でも、その気持ちが一番だと思うけど、実際気持ちだけでは読めるようにはならなかったし、

ワークを通してボキャブラリーを増やしていけたことが決め手でもあるなと思います。

まぁ結果として、それが息子の「読めるかも!」という自信になったんだろうけど。


あと、読むことに対してのハードルを下げるために、聞き読みということもこの半年でたくさんやりました。
日本語でもサバイバルシリーズなどの学習マンガが好きな息子。

英語でもマンガならいけるかも!と







こちらはレベル1~2までの12冊を(レベルは3まであります)


こちらのシリーズもレベル1~3までの18冊

こちらもサバイバルシリーズと一緒で韓国の出版社。

聞き読みも本当に役立ちました。これからもまだまだやります!





そしてさっそくまた次のMighty Robbotのシリーズを購入し、昨日も読み始めました。

そんでもって、book peopleで注文していたこちらのシリーズも良いタイミングで届きました。


これはkindle版だけど、実際はペーパーブック。
book peopleで10冊送料込みで1300円ほど。

中は字も詰まっていなくて、程よい感じで読みやすそう。


うんうん、でも、ここで焦ってはいけませんよ、私。

息子が乗っている時に一気に加速をかけたいところではあるけれど、

3歩進んで、2歩下がる。。。を肝に銘じて。焦りは禁物。

息子のペースで、息子の意志で読み進めることをしてもらいたい。


もしかしたら今回最後まで読み切れたのはたまたまの奇跡だったのかもしれない(ご褒美にレゴもあったし)


でもね、これだけは言える。

今回のことは息子にも、そして私にも、本当に良い成功体験として刻まれたこと。

今まで根拠なく「大丈夫!やることはやって、その時が来るのを待っていたら大丈夫!」ってそう思っていた気持ちが嘘じゃないってことが分かりました。

本当によいタイミングで改めて私に教えてくれました。(´ω`人)


『信じて待っていたら大丈夫!』







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

多読へのステップ③ 「当たり前だけどきづけなかったことパート2」 ←これシリーズ化です(笑)

以前書いた多読へのステップ②当たり前だけど、気づけなかったこと!

が思いのほか、身内で反響がよかったのですが、


またこの「当たり前~シリーズ」に加わった考えが浮上してきたので、追加させていただきます。


前回の記事で、子供の多読の本をレベルごとに分け、ステップをきちんと踏んでいくということを公言したのですが。


その時に、どうやって本のレベルを見分けるたらよいのか?と考え、


世間一般とされている「語数」という面からレベルを分けてみると書きました。


でも、♪当たり前~当たり前~でも気づけなかったパート2!!


違う視点から本のレベルを見極めることができるんじゃないかなと気づきました。


それは、、、



「言語の習得方法」という基本ステップの流れにありました。


まず赤ちゃんの時から、言語を習得する最初のステップは「聞くこと!」


①「聞く!」→②「話す!」→③「読む!」→④「書く!」ですよね。


それでですよ、この③の読むというステップ、もちろん話すことができていなかったら読むことがしんどいわけですよ。


♪当たり前~

そう、今の息子の読める本のレベルは「話せている内容」を参考にするべき!なのかなと。



だから、そんな難しいことが話せていないのだから、(息子に取って)難しい表現で書かれた内容の本はまだ受けつけないんですよね。


なので、息子のスピーキングのレベルに合わせた、本を選べばいいんですよね!

本の内容を見て、息子がよくつかう表現が出てきていたり、このレベルの文法、文の構成ならスピーキングで使えていると思える本をもう一度選びなおして見ることにしました。

(逆に読み聞かせでは息子に使ってほしい表現があるから、読み聞かせていたということでもあったのですが。今は一人読みの観点から書いています)


これね、なぜ気づいたかというと。


前にも書きましたが、息子の読める日本語の本と洋書のレベルが違いすぎるということ。


これは単に英語の文章だと構えてしまう!とかそんなボンヤリした理由だけじゃなかったんですよね。


和書に関しては、息子字の細かい本も、難しい本も(年齢的に)躊躇なく手に取り読むんです。


それは、(日本語の)話す!がちゃんとできているからなんですよね。


普段から息子は日本語で話している会話にも難しい表現もたくさん使うし、私も使わないような言葉や表現もたくさん使い、話すレベルは高い方なのかなと思います。


だから難しいレベルの本でも理解して読むことができるんだなと。


一方、洋書となると、、、はい、コミュニケーションとして意思疎通や伝達、楽しくは話せるけど、難しい表現が使えない。

つまりよく考えたら、今の息子の「話す!」レベルと「読む!」レベルが実際一致しています。


息子が心地よく読んでいる英語の本は確かに、普段息子が話すのに使っている表現が書いてあるのと一致しています。


それなのに、私が勝手に「これくらいできるだろう!」と息子にとっては難しすぎるレベルの本を読ませようとしていたんですよね。



(和書ならレベルにあった本をステップごとに進められているんだけど、英語となると、まぜか空回りしてしまっているな。)



「話す」「書く」のが苦手なら(おうち英語歴の割には)、「読みを伸ばそう!」


↑この考えが安易すぎたんでしょうね。。。


もちろん、小学生になってから初めて英語を始めた子が読みや書きから入るということも多いと思います。


でも、我が家は小さいころから、聞く、話す、読む、書くのバランスを意識しながら一応は進めてきたつもり。


だから、その一部分を切り取って考えるのはもう難しいんだと今さら気が付いた。


「日本語の本はたくさん読むし、本が好きなんだから、洋書も読むはず!」この勝手な概念が息子に対するハードルを変に上げてしまい、大変な思いをさせてしまっていたのではないのかなと反省。


「読書好き」、、、気合や気持ちはあっても、乗り越えられない別の壁が当たり前のようにあることに気づけてなかったんだな。




当たり前のことに気づけてなかったけど、

スピーキングが「母国語(日本語)と英語の差が開きすぎているのはもうどうしようもないけど、

読みに関してはスピーキングのようにこれ以上、和書と洋書のレベルが開きすぎてしまわないように」なんて焦って思っていたこと、

これこそ↑ナンセンスだったんでしょうね。


だって、スピーキングではもうすでに母国語と英語の差がこんなに出ているのに、

読みだけ差を縮めようなんてありえないことですよねΣ(´Д`lll)



いや~今さらだけど気づけて良かった。


先の先輩方はこういうことがきちんと分かっていて取り組まれていたから、効率よく進められて、

子供のレベルもちゃんと上がっていっているんだろうな。(o´・ω・`o)


やっぱり闇雲に手をだすのはだめです。


時間と手間と愛情とは惜しげななく注いできたつもりのおうち英語。


でも、深い部分での「頭脳(考えること)」はまだまだ甘かった~(笑)








色々気づけることで、本当の意味で我が家の現状のレベルを知れて、

変に焦っていた気持ちの面が、

無理なくステップを踏んでレベルアップできるような気がします。





これらを考慮して、また多読の本選び、それだけでなく、おうち英語を進めていきます。(*´v`)







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



多読へのステップ② 当たり前のことだけど気づけなかったこと! 

以前の多読へのスッテプの記事はコチラ


私のいう多読とは一人読みのことです。



今年の初めから、一年かけてチャプターブックまで持っていこうという多読のステップを本格的に開始しました。

1月からほぼ丸々3か月かけて、こちらのリーダー本box setを毎日続けてきました。
約100冊ほどのミニブックを毎日2、3冊(2,3巡目も含む)音読してきました。










その結果、以前までに音読していた時に感じた、発音、イントネーションの悪さや崩れは大分解消されていました。

短いセンテンスの構成だから、センテンスの全体のバランスが読む前、読む中でつかめるんでしょうね。
以前(1年半?2年前?)は単語を読みつなぎ合わせるのだけに精いっぱいだったんだなと改めて思う。


特に、このノンフィクションシリーズはスピーキングに直結するようなフレーズが何度もでてくるので、良かったかな。


予定通り上のサイエンス系リーダーたちがもう終わるので、3月末までに↓これを復習の意味を込めてやり、次のステップに進むつもりです。




で、この次のステップなんだけど。


お恥ずかしい話。。。今まで多読に関してステップをきちんと踏む計画を立てたことがなかったんです。



うーん、一言でいえば「行き当たりばったり」「無計画」。。。恐ろしいな。Σ(´Д`lll)


「これくらいの本の長さなら読めるかな~」「この本好きそうかな~」って感じで本を選んでいました。


それがうまく一致していたら、うまくいっていたのかもしれないけど、我が家は無理だった。

まず、本の好みは分かっているとして、本のレベルが合っていなかった。

「読めそうだと思っていた本」と「読める本」のレベルが一致していなかったんですね。


色々あの手この手で息子が自分で読むきっかけを仕込んではいたんだけど、それがうまくいかなかったってことは

「(読める)レベルの本を選んでいなかった」、、、これに尽きるんだと改めて痛感しました。


なもんで、読めるレベルって今までは、長さとか語彙とかで見てたんだけど、


もっと明確なものといえば、、、はい、普通に考えて「語数」なのかな。


語数カウントって私の中でチャプターやその一歩手前の段階で存在するキーワードだと勝手に思っていたんです。


だから簡単なレベルに語数をカウントするという意識がなかったのが正直なところ。



でも、語数の少ない=簡単というだけでなく、読みやすさも考慮されて作られているんですよね。


ということで、我が家で使えそうな本たちを中心に、語数のレベル順に分けてみました。



「100語前後」(1月~3月)
まず今取り組んでいるスカラのサイエンス系リーダー本はここのレベル。




次のレベルとして

「300語前後」(予定4月~7月)
・FLY GUYシリーズ


・step into reading 2 The Cat In the Hatサイエンスシリーズ



「500語前後」

・National geographic Kids level1






「800語前後」
・step into reading3 The Cat In the Hatサイエンスシリーズ




・National geographic Kids level2



・Ready to Read HENRY AND MUDGE





「1000語前後」←目標。一年間かけてここまでもってくるようにする。


こうやって見たら、今取り組んでる心地よく読めるレベルが、スカラのサイエンス系リーダー本が語数100前後
それに対して、ずいぶんと前に買って「読んでほしい!」と試みていたナショジオの本が語数が500だとか800語のレベル。



どう考えても、無理だった~んだな。。。と納得。



もちろん、語数だけで見極めるのは違うのかもしれないけど、現在のレベルを知ること、目標としているレベル、そしてその過程を知ることが、きちんとステップアップさせることへの基本だったのかもしれない。



4月以降のステップとして、300語前後の本に取り組もうと思っています。
↑上のレベルでいうと、FLY GUYシリーズ。
これは半年くらい前には読んでいました。でも、今100語をやっていたので、事実上レベルを戻した!ということ。

でも、それが良かったんだと思う!読めるっちゃー読めるんだけど、完全には心地よいレベルではなかったんだろうな。


ということで、また300語に再び進みます。

FLY GUYは息子も好きなので、取り組みに入れたら読むとは思います。

でも、それだけでは幅が少ない、数も読ませたいので、もう少し他も考えて。


あと、当たり前のことすぎるんだけど、ORTのようにレベルがある本は、このステップアップの管理が楽なんだろうなということ。
もちろん、レベル順に読んでいるから、単純に読み進めていけさえすればレベルアップということではなく、

今回のように、読みづらそうだったり、まだ次のレベルに行くのに厳しそうだと考えたら、「とどまること」、「戻ること」をちゃんとしなければならないということ。


以前買った、ORT Project X codeのシリーズ、kipperシリーズで使えそうな本も投入して取り組んでいこうと思います。


500~800語あたりに時間を取りたいと思っているので、4月からの300語は7月までには終わらせる予定。

これも期間で区切ったらいけないんだろうけど、一応この一年を目標にしているのと目安のために。





そして、毎朝読んでいるサイエンス系リーダー本にプラスして、
今はこちらのワークをしています。

DK Science




nonfiction readingのワークをしていたのだけど、アドバイスをいただいてDKのものに変えました。

それは、自分で読んで、無理なく自分で解けるワークをさせるためです。


もうね、自分で書いてて嫌になっちゃうくらい、「当たり前のこと」が当たり前に気づけてなかった(;д;)



そして、自力読みとは別に、今月から我が家にとって初の試み「聞き読み」も導入してみました。

今はMagic Adventuresを聞き読みしています。




息子の好きな漫画形式。



で、またバカバカな私はお友達にいただいた音源があるからという理由と、聞き読みなら自分で読まなくてもいいから大丈夫だろうという理由から、聞き読みのレベルでも無理な本たちを使おうとしていました。

Magc tree House だのGeronimoだの。。。


本当にバカすぎるわ。


もうね、安いからとか興味ありそうだから、いずれ読むだろうとか、そんな理由で洋書購入したらだめだよ、私。


あったら、使いたく(読ませたく)なっちゃうから。。。危険、危険。


今回も、こんなものを先走って作っちゃってさ。
20170316230913158.jpg
聞き読み、音源CDリクエストシート
(どんな音源があるか目で見てわかるようメニュー表のようにしてみました)


コンセプトとしてはいいんだけど、本のラインナップの内容を見直して出直します。







今までやってきたこと、時間もお金もかけて熱心には取り組んできたとは思うの。



効果が出ていないのは、レベルが合っていなかったんだろうな。
インプットとして自力読みの本だけでなく、動画も、(考え出したら何もかもと思ってしまう、(笑))


興味や嗜好は間違ってはいなかったとは思うんだけど。。。



もうね、今声を大にして言いたい、、、


(お金はまた頑張って作れるけど) 『過ぎた時間は取り戻せない』ということ!!



うまく取り組めていたら、もっと今よりは楽に効果もでて、息子のレベルも上がっていたんだろうなと思うと、申し訳なさすぎる。

苦しいと思うこと大変だと感じながら、付き合わせてしまっていたのかもと思うと、本当にもうやりきれない。


でも、息子はそれでも今自分が英語を話せるようになってきていることを喜んでいるし、英語も好きだと思ってくれていることが救いなんだけどね。すべてが無駄だったわけではないだろうけどね。(そう思いたい。)



親として、うまく導いてやる!英語だけでなく、これからもずっと続くこと。


そして、それを改めて気づかせてくださり、たくさんアドバイスをくださったLaylaさん、Rちゃん、先輩がた、英語友達の仲間、、、本当に感謝しています!


無駄にしたと嘆いた時間は無駄にしない!これからにつなげていくんだー!!









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



このシリーズ、和書と洋書を読み比べてみる??

我が家には小さな本屋をもうけています。

英語の本を20冊読んだら、新しい和書1冊読んでよいシステムもまだ続いていますし、

スイミングのテスト合格した時、そのほかご褒美として本をプレゼント?する機会がなにかと多い我が家です。


そんなときの為に、あらかじめ息子の好きなシリーズの本を購入しておいてストックしてあります。

その箱の中から息子ががさごそ新しく読みたい本を選ぶという感じです。


もちろん毎回新しい本ばかりは揃えられないので、ブックオフで買った中古の本も混ぜています。

時間があるときに私が本屋に出かけて、おうち本屋の在庫を補充したりしてます。

今まだ読んでいない本は20冊くらいあるかな(^^;)



図書館でも本を借りていますが、これはご褒美本としては含まれず。

昔は和書はもっぱら図書館だったのですが、一度買ってしまうと、

いつでも手元にある環境、「自分だけの本」という感覚がやっぱり心地よく、扱うのになぜか安心があるものなんですよね。


そして、たまにはおうち本屋からではなく、直接息子と本当の本屋に足を運び、好きな本を買いに行くことも。

「新しい本が欲しい」と嬉しそうに本屋に出かける、、、なんとも幸せなことですね。(*ノ∪`*)



さて、息子の読む本の傾向が少し変わってきました。

和書はとにかくサバイバルシリーズや歴史など学習漫画が多かったのですが、

今は物語の傾向が増えてきました。
(英語はもっぱらノンフィクション)


それは私がそこにあえてもっていったという方が正しい言い方かもしれませんが。(^^;)


本屋に行けば、読んでほしいと私が思っていた児童書、チャプター洋書の翻訳された和書が最近たくさん出回っていることに気づきました。


読んだのは













そして最近はこれを発見~!!








洋書だと読むのは到底無理なレベルでも、和書なら楽に読める。

(でも逆にこれが焦りを生むこともありました。洋書と和書のレベルが開きすぎていること。)



マジックツリーハウスはまぁまぁ字数も多くて、日本語でも少し厳しいかなと思ったけど、

一気に読みふけっていました。


これは我が家にとって良い風になりました。


昔は洋書⇔和書の交互読みは成立しませんでした。

断然楽な和書しか目もくれなかったんだけど、

最近は和書を読んだことで、同じシリーズの洋書に興味をもつことも出てきました。


絶対面白い!はずな内容も洋書だというだけで興味ももたなかったんだけど、


日本語で読んで面白いと思ったことで、洋書を手にとろうかなという気持ちが少しだけ息子にも芽生えたようす。


今まで和書と洋書の読み比べなんて全く成立しなかったんだけど。


ちなみに気が早い私は、上記の本、日本語でヒットしたのでとりあえず洋書バージョンも買いました(^^:)

日本語の本を読んで、「おもしろい!」と思ってくれたら、洋書も手に取ってくれるかな!
という期待は正直ありました!

確かに前には見られなかった、「英語の本を手に取ってみる」というアクションが出てきました。
(それだけでも、我が家には大進歩)


でも、それはオマケ程度にとどめておこう。
単純に和書のジャンルが広がること、楽しいとおもって読める本が増えることが一番!


そしてもちろん今は、日本語で面白い!と思っても、まだまだ洋書の本をじっくり開いて読むということは、
到底無理なレベルです。


音源を使っての読み聞き!という新しいスタイルもチャレンジし導入し始めている我が家ではありますが、

ここは無理をせずに、もう少し息子の読んでもいいかなと、読めそうかなというレベルの洋書をじっくり時間をかけてやっていこうと思います。


焦らず、焦らず、今を取り組んだら、その先に上記の洋書も読める日がくるのかな。





でもね、日本語マジックツリーハウスを読んだ時の息子の一言なんだけど、

「難しそうな本を読んだら、みんなすごい!って言ってくれるのが嬉しいんだ♪」だって\(//∇//)\

もしかしたら、案外こういうアプローチも息子にはありなのかなとも思いました。




+++おまけ++++

息子は毎日連絡帳に一行日記を書いているんだけど。。。
20170308222448121.jpg

「としょでながい本をかりたよ。たぶんよみきれないよ」。。。って。「たぶん」って、、、

で、どんな本を借りたのかと気になっていたら、

20170308222559756.jpg

そりゃ、読み切れないわーーーー(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」


息子に聞いたところ、いつも借りるシリーズは人気だから、続きをなかなか借りれないらしくて、


この本だったら、誰も借りないから、続きがすぐ借りれるんだそう。(´_ゝ`)


って、続きもなにも、今回借りた本も読めてないでしょー!!(笑)


案の定、すこっとそのまま読まずに図書バックに入れたまま一週間が経ちました。。。(=∀=)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++








見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


多読をめざして!!

【息子7歳0か月】


今年の我が家の目標でもある、「多読」。

この一年かけて、多読のステージに持っていけるように、段階を踏んでいこうと思っています。

その過程をこちらに綴っていけたらなと思っています。


お友達にかりたこちらのCがよかったので、
先日発売されたばかりのEFを予約購入。


そして、これだけではタイトルが少ないので(1冊あたりが短いので)、
もっと同じような本が欲しくて、こちらを購入。



サイトワードという切り口だったから、いまさらサイトワードもな~と思っていたんだけど、
我が家の好きな「ノンフィクション」だったので、買ってみました。

20170205210236113.jpg
中身はこんな感じ。

同じセンテンスの繰り返しなので、スピーキングにも直結しそうで良い感じ♪

ということで、Cも購入。買いすぎだわな。

Dともそんなにレベルは変わらない感じ。

正直少し簡単なんだけど、多読を目指して、なるべく息子の読みに対するハードルを下げてやることを重点に置いています。



こちらのワークは、私と一緒にやる家庭用。(中身はコチラ

まだ一人で読んで、解くのは嫌がるので一緒にワイワイやってます。
一度一人でやらしてみたら、読めない単語がネックになって、先に進めず止まっちゃいました。
多読に持っていくにはもっと語彙力上がらないと厳しいんだろうなと、再確認できてよかった。


こちらはオンラインのレッスンで。


でも最近は先生が教材(読み物)を用意してくれてます。
サイエンスだったり、イソップ物語だったり。

実はお気に入りの信頼できる先生2人に読みに関して相談したら、2人の先生ともレッスンで読みを進めてくれることに。

でも実は息子は大好きな先生だからこそフリートークをしたいみたいで、(読みのレッスンも嫌がらないけど)

その場をなくしてあげるのはかわいそうだなと。どちらか1人に声をかければよかったなと、私ちょっと反省。

なので、フリートークもたまに入れたり、また別に違う先生のレッスンを入れてみるにもありかな。




実はリーディングに関して、私の意識が変わりました。
以前はリーディングが進んでいるっていう感覚を測るものとして、スラスラ読める、長い文が読める、それこそ早く量の多いチャプター本へ移行させたいって気持ちばかりが逸ってたんだけど。


オンラインの先生と初見の記事(ネットから引っ張ってきたサイエンス系だったり)を一緒に読んで、それについて話し合ったり、自分の意見を言ったりしている息子の姿をみていたら、


リーディングは「話す」「聞く」「読む」「書く」という4技法の一部ではなく、単に「英語」という分類に属している気がしてきました。

好みが物語だったりが好きな子だったら、そう思わないのかもしれないけど、

うちみたいにノンフィクションが好きなタイプは『読み物=情報』という方がしっくりくる感じ。


もちろん、もう少し英語の本を一人でどんどん読むことができてきたら変わってくるのかもしれないけれど。


で、誰かと共有したり、知識になる情報として読み物を扱うなら、

すらすら読めるというよりも、内容理解も含めて、淡々と量を読んで、

多読への入り口のハードルを下げてやることが今は必要なんじゃないかなと思えてきました。




ということで、当分はこのスタイルで。




少し早いだろうなーと思いながらも、お友達に借りたこの本を置いておくと、
息子手に取って読んでいました。


絵だったり、漫画の部分だけかもしれないけど、自分で英語の本を手に取ってくれたことにちょっと感動。



好きな本に出会えることも多読に進めるきっかけなんだろうな。(*’U`*)


一年後には成長していますように♪







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR