FC2ブログ

今までとは違う手ごたえアリ!ついに息子が読み切った!?

少しお久しぶりです。

前回、洋書を読みだした?という記事を書いてから、その後。

せっかく波に乗り出したかと思ったのに、英語の本から日本語の本にあっさり戻り、読みふける日々が続き。。。

そして、英検が終わり(これはまた書きます)、

また英語の本へとなんとか戻ってきました。(´ェ`) ホッ

そして、前回とはまた少し違う手ごたえを。

息子、初めてちゃんとチャプターブックを1冊読み終えましたーーー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー(た、多分w)

こちらの本です!


実は、このシリーズ和書を先に読んでいました。


そして、オーディブルで音源もかけ流ししていたということも良かったのか。


いや、今まででもそんな環境はあったんですよ、でも真剣に読むってことが今まではなかった。

いつも手にとってもペラペラとめくってはパラ見止まり。

なのに、今回なぜ1冊読み終えれたかというと。。。


私の「作戦」が息子を引っ張ったようです。

その作戦とは??




『名付けて付箋2枚作戦!?』




ん!?



そうなのです、「かーちゃんもこの本読んでみるわ!どっちが先に読み終えるか競争ね!」



と、私が先にこの本を読みだしました。


いや、実際には私は読んでるフリ(笑)



そして、適当なところに黄色の付箋をペタリ!


次の朝、息子が起きてきたら、


「私、そこまで読んだから~、お先に♡」って、私が言ったら、


息子もノってきて、「じゃあ、僕も読むわ!」


って具合で、競い読みが始まりました(笑)



私の付箋がついてるところのページを息子は少し追い越して、「はい!追い越しました」と、ドヤ顔で青の付箋をペタリ。



で、息子が学校行ってる間に、私も息子が読んだところまでの付箋の少し先(すこし読んだら追い越せそうなくらい)のページにまた付箋をペタリ。



学校から帰ってきた息子が「あー!また先越された!」と、慌てて手に取って読みだす。


これのくり返し。(笑)



でも、今まで読まなかったのに、いきなりこんなペース上げて読めるものか?と多少疑っていたのですが、
(前よりは挿絵の周辺だけ読んでるってわけでもなさそうで、それなりに読む時間はかかってる。それでもページめくるの速いけど)

本の話を息子としてて、「それって、あの場面のセリフ?」って、息子が私に質問。



「ん、うん、ううん、、、、、ごにょごにょ、、、」と私。


だって、私読んでませんからー!!!Σ(´Д`*)

適当に息子のペースに合わせて、息子が追い越せそうなページに付箋貼りかえているだけですから(笑)




そして、その様子を見て息子がすかさず、、、


「ねー、僕にちゃんと読んでる?っていつも聞くけど、かーちゃんこそちゃんと読んでる?もしかして・・・あやしい??」



「こ、こいつ、スルドイな・・・」



その場ではちゃんとごまかし切りましたよ(笑)




今日はめずらしく学校にまで(英語の本)持っていくといって、学校でも読んでたみたい。



「みんな英語の本読んでる!ってびっくりしてなかった?」って、私が聞くと、


「誰にも気づかれずに読んでたよ。能ある鷹は爪隠すって言うでしょ。そういうのをいちいち言うのもイヤらしいやん(関西弁)」だって(笑)



多分、誰もあの息子が英語の本読んでる(読める)って本気で気づかないだけだと思うけど(笑)



でも、息子は意外に私より、利口だわ。そんなとこアピールするもんでもないんだろうしね。。。(。-_-;)


という感じで、ついに息子1冊読み終えました♡o(≧ω≦)o


息子に今まで全然読もうとしなかったのに、なんでいきなり読みだしたの?と、ド直球な質問してみたら、


「今までは競うってことはなかったしね」だって。


確かに、うちは一人っ子で兄弟もいないし、負けん気はあまりない方。


まぁ、私は読まずに適当に付箋を貼りかえてただけだけどね(笑)



でも、息子は↑そう言ってたけど、


息子自身に確実に読む力がついてきたんだと思う。


英検の過去問で長文も最初は読むのが遅くて、時間内に解き終わらないかも?って最初は心配してたけど、


英検当日三週間前には、読むスピードも上がって、全部解き終えて時間余るようになったしね。



頑張ったんだね!力がついてきたんだね!



そして、この本も聞き読みをよくしてました。







まぁ、今回気まぐれかもしれないけど。。。←まだ確信を得てはいない母(;´_ゝ`)



でも、よい流れは引き続ききているとは思います。



あ、今日ブックオフのクーポンがあったから息子の好きな本(和書)を買ってあげようかと思いましたが、


Σ(゚□゚;)は!っと気づいた!


いかんいかん、せっかく英語の本読みだしたのに、また日本語の波に押し戻されてはいかん!と慌てて買うのをやめました(笑)



むずかしいね、この駆け引き。


でも、しばらくは、もう少し安定するまでは、この調子でやってみようかと思います(。-_-。)

今は完全には読めてなくても、読み散らかすっていう作業を重ねて、それが実を結べばよいと思ってます。


さて、次はどの本で競い読みしましょうかね?(笑)









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



これはそうなのか?洋書を読みだしたということでよいのか??

以前に書いた記事3度目の正直!? 私の「勝手な予感」シリーズ(笑)


私の勝手な予感シリーズで残した、私の名言(自分で言うな^^;)

「Hit!はないけど、アタリはある感じです。」

から1ケ月。

その後の近況なのですが、、、


息子、日本語の本より英語の本を手に取る方が増えました。
お~~~‼   (ノ)’∀`(ヾ)


でも、タイトルの通り、「これはそうなのか?洋書を読みだしたということなのか?」

と、確信を得てはおらず、疑問形なのは、

息子が正直、英文読んでるか私には分からないから(笑)


もともと息子、日本語の本も飛ばし読み?みたいに恐らく本のページに全部目を通してない?と思うような速さで次のページめくって読むんです。

日本語の本を読んでるかどうかなんて、あんだけ本を読んでて、知識も入ってるから、今更疑うことはしないけど、

英語の本はやっぱり疑っちゃいます(笑)


でも、以前に比べての私の見て思う感触とは全然違うんですよね。

なんていうのかな、前は「読め~読め~オーラ」を私が出してても、本人全くその気はなかったんだけど、


今は「英語の本との距離が確実に縮まっている」ことは確か!

なんだろ、息子が年長さんで日本語の本を一人で読みだしたときの、本を手に取って読む感じと集中の仕方、テンション?が何となく似ている。

まだ完全に「読める!」って感じではなく、挿絵周辺の吹き出し文字とか説明とか、拾い読みを楽しんでる感じかな?


今まで時間も手間も、それなりにお金をかけて、9歳でまだ拾い読み??

って思うこともあるけどw

「読め読めオーラ」の気配に脅されてる訳でもなく、自分が楽しい時間として英語の本を手に取ることができてるんだもん、

上出来でしょ!!(*’U`*)


何年か前に、雑誌なら手に取りやすいから読みだすかも~と思って買った、薄いわりに値段の高かった雑誌を不自然にも私が床に転がしておいたら、、、

あれ?夢中になっておもちゃで遊んでる息子のお尻の下に座布団みたいに敷かれてるってこともあったな(笑)



まだ途中観察経過中なので(笑)、断言はできないのだけど、

誰に強要されるわけでもなく、(誰にって、私しかいないけどw)

息子が時間のある自分の好きなことができる時間に英語の本を手に取ってくれることが嬉しいな♪


普段、日本語の本でもあまりフィクションを読まない息子の今手に取る英語の本は、、、








他人の日記ばっかり読んでるーーー!!(笑)

あとは







多分、英語の本を気軽に手に取るようになったのは、これがきっかけかも。
友達に教えてもらったマイクラの本。









あとは、チャプターの音源もたくさん聞いて「もしかしたらボク読めるかも?」と思えたことと、(そんなこと息子本人が思ってるかどうかは知りませんがw)

たくさん聞いたことで、目に入る文字が音源化されて、大量の英語でかかれた文字へのハードルが低くなっているのか。



まだまだ途中経過観察中、変化がありましたらまた報告するでアリマス ( ̄^ ̄)ゞ












見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

3度目の正直!? 私の「勝手な予感」シリーズ(笑)

去年からネットフリックスでCaptain Underpantsの動画にハマって、ずっと見ていた息子。

以前、いつかブームが来るかな?と思って、用意したチャプターブックの音源が今大活躍中です。

ずっとウォークマンで好んで音源聞いてます。

家にはこのチャプターブックがあるんだけど、

『音優先』でまだ文字(本)には手が伸びませんでした。

でも、かけ流しを3ケ月くらいかな?続けてきて、

もしかしたらイケるかも?と思い、本へも進めてみようかと思いました。


でも、我が家にあるのは白黒の紙質もよくない、いわゆるチャプターブック。

そこで、こちらをアマゾンで見つけたので、さっそく買ってみました。
全部カラーなんです!見つけた時は私がテンション上がった!






以前、バラで買ったから、同じタイトルかぶって持っているのもあるんです。
でも、まぁそれは白黒だったので、しゃーないと割り切り。


で、結果。。。


『カラーはやっぱり良い!!』o(≧ω≦)o
食いついています!


息子、今までもチャプターブックを手に取ってページをめくっていることはありましたが、

今回は以前までとはちょっと違う様子。


明らかに文字、読んでる!(笑)

ページのめくる速さや目の動きで、確かに読んでるな!というのが分かります。

この手ごたえが、今までと何か違うんですよね。

音源を先にたくさん聞いて、なじみのあるストーリーだということもあると思います。


そして、今までなかった息子の行動。

本の冒頭部分のストーリー(全巻共通)を覚えて、暗唱してたこと!


これはよく、小さい子が文字(本)は読めていないけど、音を耳から覚えて、すごくスラスラ口から出している状況ありますよね、

そんな感じです。

小4息子、遅ればせながら、ついにそのゾーンにやってきました(笑)



最近、追って書いているこの記事。
①3ケ月前→なんだか分からないけど勝手な予感

②1ケ月前→2ケ月前の記事、『なんだか分からないけど、私の勝手な予感』 やっぱり間違っていなかった!?


リスニングが伸びて、これはもした多読が進むのでは?と思ったのが3ケ月前。

でも、そうではなく、伸びたのはスピーキングだった件。


で、そうなんですよね。


リスニングからリーディングへは一気には飛ばないんですね!

ここでもやっぱり言語習得の順に従っているんですね!
①リスニング→②スピーキング→③リーディング→④ライティング

ちゃんと順を追って少しづつレベルを上げて進んでいる。


今、この③の時期に入るかな?って状況です。リーディング伸びるかな?って反応はあるのですが、これまた定かではありません(笑)
蓋開けて、「やっぱ違ったわ~」「まだだったわ~」ってこともあると思う。


でも、釣りで例えるなら、

Hit!はないけど、アタリはある感じです。
(我ながら、上手いこと言った!w)


いま、確実に水面下に魚はいる!(笑)

今までは、魚がいないところで、必死に私一人が釣り竿投げて釣りをしようとしてた感じかな?

でも、魚いなかったから、釣れませんでしたが(^^;)


でも今は確実にアタリは来てると思う!(た、たぶん。。。)


あとは、うまく合わせて、Hit!を待ちます。


そう、焦らず、相手の魚に感づかれず(笑)

もうこんなに待ったんだから、いまさら焦ってもしょうがない。待ちますよ。( ̄^ ̄)


餌は↑の Captain Underpantsか?はたまた、違う餌なのか?



水面下と水上で、静かな駆け引き?が行われています(笑)


いやいや、魚がお腹すかしてて、警戒心もなく、勝手にHitくることも世の中にはあるのでしょうが、

我が家はそんな自然な環境にはもってこれなかった。



でも和書を読みだした時なんて、こんな順をおってもないし、「読みだしたな」って瞬間の感覚はあったけど、

ここまで私も必死じゃなかった。


他の家庭では、英語の多読もうまく導いていたり、知らぬ間に読んでいるってこともあるのだろうけど。



まぁ、この記事も蓋開けて「やっぱりまだでした~」ってなるかもしれないけど、

今まで多読へのステップをずっと成長記録としても載せているので、

一応備忘録として記事にします。(○・_ゝ・○)ノ



(↑どんだけ、予防線はった書き方なんじゃw)


さて、そうなるでしょうかね。


また勝手に報告します!( ̄^ ̄)ゞ









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

多読のステップ⑧ チャプター本はscholasticのbranches

多読のステップというカテで最後に記事を書いてから約半年。


なんとか多読へのステップの入り口に立ったのち、、、

その後どんな状況かを備忘録として書きます。

実はその後、私もすっかりぷっつんときて、読書記録、字数さえ記録していなかったので、、、(´∀`*;)




まず、我が家ではおなじみのMighty Robotのシリーズを全部読んだかな。




この時点では、もちろん一人でちゃんと読めているって感じでもなく、
とりあえず私に読もうと促されて、しぶしぶ手に取って、本を開ける、、、って感じだった。



なんせ私も息子のレベルにあったものや、興味にあった本を選ぶことがなかなか難しくて、
しばらく燻っていました。


王道のNateを渡すも、あまり乗り気でなく、、、


なもんで、少しレベルを下げてリーダー本を読もうと促すも、何の意地か全く読もうとせず。

以前大量に読んでくれるだろうと期待して大人買いしたシリーズ、新品のまま本棚に。。。とほほ



その後




そして、こちらは大ヒット!
scholastic のbranchesというチャプター初心者向けのシリーズにどっぷりつかりました。

やっぱり初心者向けということもあり、ページ数の割には、絵もカラーでたくさん、字もそれほど多くなく読みやすい。


その中でもこちらに見事ドはまり!



主人公が楽しんでいるゲームの世界の中のストーリー。
ちょうど、息子2年生の終わり、周りの子供たちがゲームに夢中になり、(息子はもっておらず。)
テレビゲームに強い憧れを持っていたので、興味の焦点があったのかな。












こちらは7月に発売予定。
息子のリクエストで予約済。



このシリーズは気に入って、3巡くらいしたかな。


このシリーズを読んでる途中はまだ息子がどれだけ読めているのか、横で息子が目で文字をおうスピード、ページのめくる速さを監視確認しながら進めていました。




こちらもブランチーズより


全部で4冊出ています。


こちらも、息子の好きなシリーズ。

最初はなかなか手にとっても、読みださず。

一度、読み聞かせをしたものを、一人読みとして進めるという形で落ち着きました。

こちらも2、3巡。



このあたりから、チャプター本の読み方を分かってきたのかなという感じ。

以前は、『本は丸々1冊読まなきゃならない!』っていう観念があったみたいで、
読むことに対して「大変だ」「疲れる」ということから拒否もあったけど、

少しずつストーリーを読み進めていったらよいんだということが分かったみたい。
そして一気に自分の中で『多読』というもののハードルが下がったみたい。

でも、その分、1回に読む量がかなり減った。
チャプター2章分、下手したら1章、もしくは3ページだけとか。

うん、ブランチーズは絵も文字も大きいので、チャプター1章といっても、さほどのページ数はないので;;


それでも、毎日少なくても読み進めるという習慣をつけていこうと思い、声掛けをする日々。



そして、こちら。


ハムスターなど小動物が好きな息子は好きかなと思って。
手にはとるものの、、、途中で読み進めることをストップ。

ブランチーズみたいにカラーじゃないからかな。。。


そして、またブランチーズに戻り




これはお友達に借りて、女子向けだから見ないだろうな~と思いながらも、息子に勧めてみたんだけど。
最初はやっぱり女子だからいや!ってなったんだけど、内容が魔女だったりサイエンスが出てくるので、
結局食いついてました。


この辺りから、声掛けすればほとんど嫌がることなく、読むように。

うん、でもまだ声掛けはしないと自分から英語の本を手に取るってことは全くない(笑)

それでも、声掛けさせすれば嫌がらず読んでくれるようになり、これって我が家では大進歩!!


このあたりから、私が声掛けするタイミングを見計らったりと、すんなり本を読もうとする環境づくりに努めました。



でもこちらのシリーズは気に入ったんだけど、残念なことに2冊しか出ておらず。。。




その後、またSuper Turboにもどり、なんとか1冊を読み終えて。。。


昨日からBookPeopleで10冊セットで買った、こちらを読み始めました。





これ以外にも
以前購入したHey Jack!


息子にあったレベルだから絶対良いと思ったのに、嫌がって全く読まず。
内容がいやみたい。



そして、これも。


Magic Schoolbusのブランチーズのシリーズ。

私が、これいいやーん!と意気揚々で見つけて、息子に聞いてみたら、

買う前から「僕は読まないからね!」と(-.-)


それでも強行突破して買ったんだけど、、、

やっぱり、もちろん、案の定、、、全く読まず(笑)

4冊ほど新品で眠っております。。。

まぁ、またいつか読むかな、、、←私も懲りない奴(^^;)




あ、これは多読の箸休めとして、聞き読み用に追加したシリーズ!

やっぱり音源があるものはかけ流しにも使えるから、いいな!

内容もサイエンスということもあり気に入りました。

とりあえず疲れていたり、渋るときにはこれを聞き読みに投入するという、安心感のある使えるこのシリーズ(笑)







そんな感じでschalasticのブランチーズ様様だったこの半年。


なんとか『読む』という習慣はついてきたので、

私も口うるさく言わず、ぼちぼちいきます。


あ、でも音読してたころは結構スピーキングも相乗効果からか伸びてるなと感じたけど、

ここ最近はスピーキングは伸びるどころか、後退中。。。


なかなか難しいね。。。・゚・(つД`)・゚・





ちなみに、和書の方は、、、

これ、また次回にします。(´∀`*;)ゞ









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



まさかギリギリ間に合った!今年の目標達成!多読へのステップ

今年の始めに立てた目標

『一年間かけてチャプター本を読む入り口までもっていくこと』

1ケ月前に書いた前回の記事では、目標はかなわないと思っていたんだけど、まさかの急展開。


先日、こちらの本を手渡して『もう十分に読めるレベルになってると思うよ、読んでみたら?』

と、息子に進めてみたら。



「うーん、読んでみる」と。


そして、息子ニヤついた(・∀・)

読めるかもというまんざらでもない表情(笑)


その日はフラニー1冊丸々は読み切れなかったんだけど、一人でこんなにページを読み進めれたのは初めて。


で、次の日は図書館から借りてきたNateの本とフラニーの本を見せて、「どっちの本読んでみる?」と聞く私。


息子は以前から何度も音源をかけ流しているNateの本を選びました。




(音源だけでなく、本も図書館で借りてきて読んでみたら?とすすめたこともあったんだけど、その時はさっぱり。

読み聞かせも嫌がったし、音源と一緒に合わせて読む聞き読みすらスピードに合わせられず断念してた)


で、最初はNateの本を手にしてはみるも、集中できず、いろんなページをペラペラめくったり、
関係のない話をしたり。。。

むむ。ということで、読んでいる息子の側に私が座り、少々アドバイスを。

「もう少し、黙って読み進めてごらん。」「読むの早いね~かあちゃん追いつけないわ~。」など、本に集中するような働きをすると、

段々息子も無口になり、文字に集中しだして、5ページ、10ページと読み進めていけるように。

本当はね、息子が自分で自分のタイミングで洋書を手に取って読みだすのが一番なのかもしれないけど、

多分ただ待ってるだけでは、そんな日は一生来ないかもしれないしね(笑)

この一年かけて、読む練習はいっぱいしてきたし、語彙も増えた。

あとは、『読める!という自信』そして『読むという環境を作る』だけ、、、

そう思って、半ば強引ではあるけれど、今回のように息子の背中を押してみることにしました。


そして、見事Nateを1冊読み切った!(」*´∇`)」

息子嬉しそう!そして『読めた!』という自信と達成感!

そして、読めることが楽しいという気持ちが息子に改めて芽生えたようです!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
(日本語の本を一人で読み始めた時のような感覚)


Mighty Robotを読んだときは音読だったけど、今回のNateは黙読で!

ここ最近音読で読む本も1000語近くなってきてて、音読がしんどくなってきていたので、

黙読として読んだのも楽だったから今回読み終えるということができたのかもしれない。


いつまで音読で、いつから黙読なんだろう。。。と最近ちょうど思っていました。

こういうタイミングだったんだねとなんだか妙に納得してしまった私です。


そして、もちろん黙読でも到底レベルの難しい本なら読めなかったと思うけど、

何度か音源でかけ流してて、なじみがあるストーリーだったのが良かったのもある。


そして、私の中で十分に音読する期間を作り(途中ストップもしてたけど年長からORTを音読してました。)

声に出して読むことで、息子が理解できていない単語などを私が把握できていたことがとてもよかったと思う。

最近では単語の語彙も増えてきたし、読めるものも多くなったので、そろそろいけるのかな?と思った私の感は正しかったのかも。


十分に音読をさせたことで、自信をもって黙読での多読へのステップへ送り出せたように思います。(* ´ ▽ ` *)

今日も別のNateの本読んでました。


いやいや、もしかしたら今回もまぐれで読めただけかもしれないし、3歩進んで2歩下がるとはちゃんと理解してます。

そして一応目標には達したけど、定着はしていないので、当分は一人で読むという環境を整えていきたいな。

もちろん、後戻りしながら。

でも、この一年間で(実を言えば無計画だった時期を入れるともっと長いけど。。。(笑))、ここまでこれたことに驚きと感激。

そして諦めずについてきてくれた息子の頑張りにも感謝!


あとね、ここ最近息子が成長していると思うことに理由があります。

『僕には英語がある!英語でみんなよりも一番になりたい!』って気持ちが息子自身に芽生えてきたから。

そう思えるようになったのには色々あったんだけどね。(笑)また書きます。


この気持ちが今の息子の英語に対する大きな原動力になっているんだと思います。


まだまだ先は長いよ!(*´_ゝ`)

でもひとまずここまで来れたことに喜びつつ、また頑張っていきます!o(^▽^)o









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
プロフィール

aya

Author:aya
9歳の男子(小4)のかーちゃん♪

虫、歴史、サイエンス、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR