FC2ブログ

そろそろです。ここまでが限界、その後は。

息子が小学校へ入学し、勉強机を用意したときから、(その前からか)

漠然と私の中で考えていたことがありました。

「私が息子の勉強をがっちり見て付き合うのは3年生まで。4年生からは自分で進めてもうおう」というものです。


その気持ちが、今は前にもまして強くはなっているのですが、

実際、はたして息子があと2ケ月で、その状態になっているとは考えられない。



明日漢字の大テストがあると聞いたら、今までの漢字の復習の問題をさせたり。

息子も「テストがある」ということは、一応意識はしているので、しぶしぶの時もあるけど、大抵嫌がらず取り組むのですが、


返ってきたテストの点数を見ると、やってきたことに対しての結果として結びつく点数でなかったりすることもしばしば。

しまいには名前を書き忘れてることなんてのもあり。。。



その他、習い事であっても、やってきたこと、時間を費やしてきたことに結果が伴っていないということもあり、

私も「そろそろだな。。。」と感じました。



それは、「息子をダイレクトに導いてやれるのは、もうここまで。あとは息子が変わらないかぎり、上にはあがれない」ということ。

そう、もう息子の「やる気」「意識」が変わらないことには、周りがどうあがこうと無理な話。


具体的な例をあげると、

「90点は取らせてやれるけど、100点を取らせてやることはできない。

100点を取れるかは息子次第」(そもそも100点取りたいなんて彼は思ってないかもだけどぉーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3)


馬?牛?を水飲み場につれていってやれても、水を飲むかどうかは本人次第。


それがこの3年生の2学期に、私はハッキリ感じました。


勉強もスポーツも、習い事も全て。


そして、今まで私が息子に手出ししすぎていたことも、息子の自立が遅れているという理由の大きな一つ。


勉強だけでなく、生活面でも言えること。



でも、逆に言えば、それなりに私が手をかけていたことと、息子の基本まじめな性格もあり、

これまで基礎学力はつけることはできたかなと思います。



私の中で9、10歳まではがっちりサポートすると決めていたので、

今度はそれを息子主体に移行していくだけ。



今の息子を見ていると、嘆きたいこともたくさんあるけれど、自分の中で漠然とではあるけど、9歳10歳で一応境界線はあったので、大丈夫。(と、私自身に言い聞かせて^^;)


がっつり勉強も見てきたとは書いたものの、勉強の内容を教えるということはほとんどしておらず、

取り組み方のやり方やコツを教えてきたつもりだけど、


今の息子はそれが鬱陶しくてしょうがないみたい。


正常な成長段階を踏んでるってことだよね、でも息子との口論も増えてきてる。


私の「見守る」という覚悟がまだできてないんでしょうね。


息子は変わろうとしている(はず)、私も変わらなきゃね。



去年の夏、セブ留学に行って英語が一気に伸びた時と同じ、


勉強も生活面でも、「自分でやらなきゃっ!」ていう息子の自我が育たないと、これからは伸びないと思う。



息子の中間反抗期という成長に合わせて、やり方も接し方も変えていかなきゃね。


この1年、いやもっとかな小学校の間の3年、長く言えば大人になるまで、


自分で考えてたくさん失敗をして、それに気づくという経験が息子にも私にも必要だな。



だから、今は無駄な時期じゃない、たくさん失敗して許される時期。


「手も口も出しすぎず、目で見守る」


自分の忘備録も込めて、記事にします。



今年に入ってから息子がずっとしたいといっていたサッカー始めました。

小3の終わりからサッカー始めるのは遅いのかもしれないんだけど、


サッカー自体が上手になることは目的ではなく(息子には失礼だけど、w。まぁそれくらい期待しない方がお互いのため(笑))


彼の「自分でやりたい!頑張りたい!」という気持ちが育ち、

その感覚に彼自身が敏感になってくれたらいいなと思っています。(*ノ∪`*)



少しづつ、大人になっていこうね。







見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

毎日の暮らし

『シンプルな暮らし』といえば聞こえがいいのかもしれないけど、


若い頃は非日常なわくわくする日々を過ごしたいと願っていたけど、


ここ何年かの私は、毎日同じような日常にすごく安堵を感じます。


例えば、同じ時間に起きて、だいたい同じ時間に寝る。


ハロウィンが終わって、11月後半になれば、家のコブシの木の葉っぱが落ちるから、毎日約3週間ほど落ち葉掃除をする。

コブシの木が落ち着いたら、その後2週間は紅葉の木の落ち葉掃き。

そうこうしていると年末調整の資料を用意して、年末を迎える。


シャンプーやリンスも決まったものを使い、なくなったら同じものを詰め替える。


食材はだいたい同じものを買う。


などなど、毎日同じことを繰り返す日々。


若い頃は、シャンプーだってなくなったら新しいメーカーの物を次々と試していたけど、そんなことすらもうしない。


1年間の予定も大体決まっているのが心地よい。



『選ぶ』ということがメンドクサクなってきたんだなと思う。


同じものを買えば、どれくらいの期間で消費するのかが大体わかるし、

買う場所も決まっていたら、探し回る手間も省けるし、値段だって大体同じだから把握しやすい。


1年間の予定も、毎年同じ時期に同じことをするから、コツもわかってきて、年々スムーズにそして上手にできるようになってきていることに喜びも感じたりもする。

料理も、同じメニューが多いから、味付けも安定してるし、作る時間も昔ほどかからなくなった。


ファッションも気にかけてないわけじゃないけど、いっつも同じ服(笑)

あ、洗濯はちゃんとしてますよ(笑)


同じ服ってのは、靴も同じブランドの同じデザインの色違いを白、黒で同時購入して履いたり、

パンツも気に入ったデザインを色違いで3本一気に買ってヘビロとか(笑)


服を選ぶのがメンドクサイ・・・まるでスティーブ・ジョブズか!?って自分で思うわ・・・ww


選ぶ時間もかからないから楽なんだけど、「選ぶ」っていう楽しみを忘れてるような気がして、ちょっぴり寂しくもなるんだけど。


まぁ、昔から気に入ったら、ずっとそればっかり使う人だから(^^;)

ある意味、こだわりが強いのかもね。



でも、ここ何年か、息子が生まれてちょっとしてからかな、


この同じことのくり返しの日々が楽で落ち着く。


息子の英語の取り組みや勉強もこれに近い部分があるのかな。


「毎日、淡々と、、、」 


これに尽きる。



こんな母親に育てられた息子の性格も、私に似てるのかな。


「選ぶこと」を楽しむお母さんだったら、もっと違う日々で違う感性で育つんだろうなとか思う。




あ、でもここ5年ほどずっと同じ髪型だったけど、最近ちょっと髪の毛伸ばしてみようかなと思いだした。



ちょっとだけ何かが変わるのかなっと、ちょっとだけ期待して楽しんでみようかな♪








見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

今の私がすべきこと‼

息子がいないとブログの更新もはかどります(^^;)

息子、明日2泊3日の虫虫キャンプから帰ってきます。


息子と離れているその間、私には考える課題がありました。
自分で決めた課題。


まずは、リフレッシュ!(笑)


そして、「息子との接し方を見直すこと」

ブログではここ最近、学校でのフォローが大変、息子と向き合う時間が必要とか、、、意味深な発言ばかりしておりました。

詳細は書くつもりはないんだけど、本当に2年生になって息子には大変な状況でした。

息子に大変な状況ということは、もちろん親の私にも大変な状況。


もしかしたら、息子はそれほど大変とか苦しいとか気づいていないかもしれない。
もしかしたら親の私たちの方が焦ってしんどい状況を作り出していたのかもしれません。


詳しい内容を書かないと読んでいる人は分からないかもしれないけど、

詳しく話す勇気がないので、ごめんなさい。


夏休みになったら、今まで頑張ってきた分、うんと甘えさせてあげよう!リフレッシュさせてあげよう!と思っていたにも関わらず、

今の息子の変わり果てた姿を目の前にすると、やっぱりいまだ怒ってばかりの私。


息子にひどい言葉を浴びせてしまう毎日。



『お母さんとお父さんはあなたを支えようと決めて、精一杯フォローしているのに、なんであなた本人が頑張らないの!

なんで、あなたが苦しいことから逃げるの!あなたが逃げたら私たちはどうしたらいいの!』


もう、最低としかいいようのない、親として言ってはいけない言葉を息子にいってしまいました。


息子もできないなりに、頑張っているのに。

子育てに見返りを求めること自体ナンセンスだと分かっているのに、

怒りからこんな言葉が口から出てしまいました。




キャンプに出発する当日の車の中で、息子と話したこと。

息子が前に「〇〇君は勉強もスポーツもできて、女の子からもモテテていいな!」と言ったのですが、


私「子供の成長ってな、早い時期に伸びる子もいれば、後から伸びる子もいるんやで。頑張ってさえいたら大丈夫!心配しなくて   いいよ。あなたは、今はできないことがあってもも、必ずできるようになるから心配しなくていいよ!絶対伸びるよ!」

(これね、息子にではなく、本当は自分に言い聞かせたかったんですよね。先に私が息子に言ってしまったことと真逆な発言)


息子「うん、分かってる!僕は絶対後からみんなを追い越す!絶対できるようになるから!」



私「なんでそう思うの?」
(えらくハッキリ自信をもって言うもんだから)




息子「だって、お母さんがそう言ってくれたから!」



もうね、涙が止まらない。。。


母親の言葉が子供にとって何よりも大事なことなのかを改めて教えられました。






子供の自己肯定力も含めて、親の言葉が魔法にもなるし、呪いの言葉にもなる!

今一度、自分の言動を深く振り返る時だと痛感しました。





キャンプの開会式の時に虫博士が保護者に向けて話してくださったこと。




「キャンプの楽しかった話をお子さんからたくさん聞いてあげてください!

キャンプの帰りの車ですぐに話してくれる子、夕飯の時に話してくれる子、

一週間後に話し出す子もいるかもしれません。

もしかしたら1ケ月後に思い出したかのように話してくれる子もいるかもしれません。

その子によって違います。お母さんはその子が楽しそうに話した時に、楽しそうに聞いてあげてください!

子供によって、感じること、感じたことを整理し表現できるタイミングは違います。


でも、いつでも楽しそうに話したら、いつでも聞いてあげてください。」



とおっしゃっていました。




また、涙。。。




好奇心の種まきに関しては、ただ子供が楽しんでくれたらそれでいい!それがいつか芽が出ればラッキーくらいに思えるのに、


私が注意したことはすぐに良い兆しの変化がないと不安になってしまい、ついついまた息子に怒ってしまう。


今目の前で注意したことがすぐに反映されるなんて、大人でも難しいんだから子供がすぐに理解して変わるなんてありえないことだよね!

それなのに、自分がこんなにも支えているのにという自分勝手な考えから空回りして、結果フォローをするはずが

逆に息子を追い込んでしまっていました。


変に、自分と息子は親身一体だという錯覚を抱いていたんでしょうね。


息子が恥ずかし状況だと自分もバカにされたような気になり、もちろん息子が嬉しいときは自分も嬉しいけど。

自分が頑張っているなら息子にも頑張ってほしい!


でも、私は私、息子は息子、それぞれ別の個体、別の人生がある。


この子は絶対伸びる!とさえ信じていれば大丈夫なだけのこと!
でもそれが一番難しい。いつ伸びるのかもわからないし、伸びるかさえどうか分からない。。。


でも、今一番私に必要なことは待つこと!耐えること!そして信じてやること!

それをしないと、いくら私が息子のためにと思って必死にやっても逆効果。


客観的に心理的距離を置いて息子と接するよう心に決めました!


友達のお母さんが言ってた言葉なんだけどね、

「子供は自分のモノではなく、いずれは社会にお返しするために、今は自分が子供を育てさせてもらっている」


この言葉が今の冷静さを必要とする私にはぴったりのお言葉。




いつかその時が来るまで、待とう!

今まいたばかりの種がなかなか芽を出さないからといって、焦ってほじくり返して全てを無駄にしないように。


大丈夫、大丈夫、そう信じて。


私の言葉が魔法の言葉になりますように。






記事にすることにずっと悩んでいたのですが、今の気持ちを忘れないためにも書きました。

独り言のような記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。



明日、笑顔で息子を迎えてやりたいと思います(*ノ∪`*)






見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


息子の頭の中は。。。でいっぱい。

またまた1か月ほど空いてしまいました。
その間、音楽会があったり。そうこう言ってる間に明日はマラソン大会。
2学期は行事がたくさん、忙しいです。


さて、その間、お家英語はどうなっているかといいますと。

細々と続けていますよ。

11月半ばにはキッザニアの英語でしゃべらナイト!にもお友達と参加しました。

最近の取り組みは

・週2回くらいのオンライン(予約を入れると先生が息子にあった教材を用意してくれるようになりました。感謝~‼)
・週1でセミプライベートのレッスン(ボーイズ仲良し3人組)
・一人読みも一日1冊(FLY GUY、ラズキッズ、LEGOシティ、ORT project Xなど)
・読み聞かせ(最近のお気に入りthe cat in the hat ,Harry and the Dinosaurs,ARTHURなど、ノンフィクションからフィクションにまた戻ってきました。 )
・動画視聴(前に比べてあまり時間がなくなった。絵本と同じものthe cat in the hat ,Harry and the Dinosaurs,ARTHUR)
・かけ流し(動画のものをYOUTUBEから映像なしで音声のみが多い)
・新教材

結局英語のワークも途中で止まってた。。。(笑)


まぁ、これだけのメニューをこなせてたらそこそこいいんだけど、
実は今息子の頭の中をあるものが占領してるんです。


はい、来た、このパターン(笑)

年少~年中にかけて→戦隊モノ
年中~年長→こびとづかん
年長~小学1年→虫

虫はね、英語でもハマってくれたから万々歳だったの。

しかもハマりだすと、結構な長いスパンでドはまりで濃いんだな。(-.-)



そして、今ハマっているのが、

見事私の読みは的中しました、、、、ウルトラマン!


虫の次は英語で宇宙にハマってほしかったんだけど、無理だった・・・(笑)



もうね、朝から晩まで、ウルトラな日々ですよ。。。


ウルトラマンのソフビを購入して。
まぁ、息子最新のウルトラマンオーブにはハマらず、歴代の先輩ウルトラマンにハマられたため、ソフビもリサイクルショップで1体100円という安さ!せめてもの救いですぜ。

しかもウルトラマンは戦隊ものと違ってまだよいのが、戦うとき”素手”(爆笑)

なので、武器などの玩具はいらないのよね。

ってか、小学一年生でウルトラマンとか、まだハマりますか。



で、前回同様、息子の頭の中にウルトラマンでいっぱい。
ウルトラマン以外のことが入るスペースはあるんだろうか。。。


で、聞いてみた。

私「頭の中、どれくらいウルトラマン?」(この質問もオカシイけど)

息子「えーっとな、90%がウルトラマン、、、で、、、」

(あ、まだ10%は空きスペックあったのか~)

息子「残りの10%が、、、ウルトラマンダイナ!」



爆死、、、結局100%ウルトラマンやん、、、



そうですか。。。


最近、さすがにそれではだめだと思ったのか、頭の中を初期化したらしいです(笑)


英語は5%くらい入れてくれたんだろうか(ToT)


でもね、前回の戦隊ものに比べて、今回はまだ英語にも取り組める余裕があります。

前回と何が違うのかというと、、、そう(ウルトラマンの)動画を見せてないということ!!


これかなり大きいです。実はアマゾンで逆輸入されたウルトラマンのDVDセットを買ってやろうかとも思いました。
英語でウルトラマンに持っていこうかとも思いました。
それにAmazonプライム会員だから、無料でウルトラマン見れるんだけど。
本当はね、もう見せてやりたくて見せてやりたくてたまらんのですよ。
だって、息子が喜ぶことわかってるんだもん。

でも、でも、、、


オンラインでもウルトラマンのレッスンをしてもらったことは何度かあるけど、やっぱり日本語でハマっているものは英語には変換できないんだよね。


なので、思いいっきり日本語でウルトラマンにハマっています。

でも、動画は見ていないので、動画視聴は英語のものを見る時間を確保できてます。


息子は前より成長したからか、動画をいれなかったからかはわからないけど、まだ英語の時間は確保できてるほうかな。



でね、ウルトラマンの動画見てないのに(でも少しだけ見たことはあります)、ソフビで遊んだり、どうやってウルトラマンにハマれるんだろう??と不思議なんだけど。


動画の代わりに、ウルトラマンの本はブックオフでたくさん買ってあげています。

なので、息子まさかの活字(本)からのウルトラマンごっこ遊びを確立!(笑)




すごい想像力!でも昔の子供はそうだったよね!


ウルトラマンでも本なら、良いかと。

最近は一人読みの英語の本20冊読んだら好きな日本語の本を買ってあげるというシステムにしました。

で、息子昨日やっとウルトラマン大百科をゲットしました!!




実はね、ウルトラマンにハマるであろうと分かってからも黙認してしまったのに理由が。


ウルトラマンだと旦那と盛り上がれるんですよね。
いや、むしろ旦那が息子をウルトラマンの世界にいざなったようなもん(--;)

とある日の息子と旦那の会話より。



旦那「ウルトラセブンとウルトラマンゼロが親子って知ってた!?」

息子「そうなんやー!確かに!」

旦那「やろ?なんとなく目元似てるなー!笑った時の口元も似てる!?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


って、ウルトラマンみんな同じだわー!って、全然わかんねーわ!


って、そもそも、誰が興味あんねーん!!(笑)



そんな会話でも盛り上がっている二人。

私と息子はたくさんの共通の話を共有できているんだけど、旦那と息子ももっと二人で楽しめるものを作ってあげたいなーと思って、

奴らがウルトラマンに足を踏み入れようとしているのを黙認しちゃいました。(-.-)


でも、息子は今は完全に旦那のウルトラマンの知識を息子は超えているという。(あ、本からね。)


正直ね、戦隊ものとかウルトラマンとか、本当に「いらねー!!」って思うわけですよ。

実際、頭の中がウルトラマンだらけだから、他のことも入ってこないんですよ
(こういう感じ分かります?すべてがウルトラマン優先で、何もかもがおざなりになるというか、、、男の子アルアルなのかな。)


でもね、それを今の息子から排除したらダメなんだろーなと。

だって、ウルトラマンの話をするときの息子の目がキラキラしてるんですよ(笑)


子供のうちに、本当に好きなものを自分で見つけて、ハマって、夢中になれることの楽しさを体験をさせてやることも大切なんじゃないかなと。
(スポーツとかそんなんだったらいいんだけどね;;)

そして、楽しいことばかりではだめ、やるべきこともきちんとするという自己規制力もその中で学んでいってほしい。


遊びの中でいっぱいいろんなことを感じ取ってもらいたい。


人生で勉強や英語だけできてもダメなんだし、もっと息子の内面も充実して磨く環境においてやらなきゃ!



・・・・・と必死にそう考えようとしている私です(;▽;)



ウルトラマン、、、あんたなかなか奥深いですな。考えさせられますぜ。


そして、


ウルトラマン、来年残留確定ー!

ちーん。。。



いっぱい書きたい記事はあったんだ、この1か月の間に。

でも、この記事もは外せませんでしたね(^^;)





見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

脳科学とか詳しく分からないけれど、しっくりきてしまった件。

夏休みの英語の取り組みについて書こうとおもったのですが。

その前に。この夏休み中に気づいたことをまとめようと思います。




これから書くことは私素人が浅く調べた程度の話ですので、正しいというわけではないので、
そんな程度で、軽~く読んでください(笑)






SGの英語漬けに参加した時にリサさんから

『リスニングがまだそこまでできていないのでは。
これがもっとできたら、スピーキングももっと伸びるのでは?』とアドバイスをいただきました。


このリスニングが弱いというのは、お家英語組のわりにはってことで、英語教室に通っている子達に比べては出来ているほうだと。


うーん、確かにリスニングが強くないから、スピーキングが伸びない、、、確かに。


でも、リスニング強化としてのかけ流しは結構やってきたつもりの我が家。


2000時間の壁、、、もう超えてはいる段階だと思うのですが(笑)

かけ流し、まだまだ足りない?みんなもっとしてるのか??


そんなことを考えているときに、お家英語仲間から面白い話を聞きました。


「どうやら左脳が発達している子って英語が音では入りにくいらしいと聞いたことがあるよ。。。」




そ、そ、それ、、、、なんですのーん!(=゚ω゚)ノ


それから、色々ネットで調べてみると、


「一般的に0歳から6歳までは右脳が発達しており、それ以降は左脳が働く」らしい。。。


うんうん、聞いたことがありますよ。


だから小さい頃に音楽や英語をたくさん音で聞いたり、アートに触れたり、そういうのが感覚で身につきやすいんだよね。


私の周りも「かけ流しってすごいよね。歌やストーリー、セリフをすぐ覚えるもんね」ってみんなよく言います。



その度に、そうかな。。。うちまだまだかけ流しのインプット足りてないんだなって思って焦ってました。
それに動画から英語引っ張ってきたことなんてほとんどないし。。。



そして、友達の話が、、、ストんと府におちた。


息子、かけ流し、入りづらい?

そもそも息子にあった効果的なかけ流しができていなかった?


もしかして、息子左脳派?(単純…( ´_ゝ`))

子供はみんな右脳が発達してるのではないのか?



我が家でもやってましたよ、右脳を刺激する取り組み。


そして、考えた。。。



息子は、、、どちらかと言うと、、、右脳?左脳?



間違いなく右脳ではない!



(どちらかというと) 左脳派!(笑)




日本語では論理立てて話すのがどちらかというと得意だし。
(旦那そっくり、、、)




まじっすか!?



もしこれが本当なら(左脳派は耳から入りにくい)、本当に息子が左脳派なら、今までのこと、、、



シックりくる(゚д゚)


えー?えー?じゃあ、かけ流し効果なかったの?効果ないの??




どうも左脳の人は、耳から聞こえた英語を1度左脳に入れて考えてしまうんだって。
大人がまさにそれですよね!


そういう人によい英語の学習法はないのか?と調べてると。



今話題の?カランメソッド!がヒットしました!!


子供ならパルキッズやしちだ教材の倍速再生!


なぜこれが効果的なのか?


早いスピードで英語を次から次へと耳に入れることで、左脳に考えさせる暇を与えないらしい。


おぉ!2倍速とか何であるのかと思ってたら、こういう効果を目的としてたんだな!






ただし!!ここで言っておかなければならないことが。

息子は本当におしゃべり好き。

息子のこと知っている人は絶対頷いてくれると思いますが(笑)


左脳とかって言うより、かけ流しの際も、ずっと話してたり、何かしら考えているから、耳から入ってこないだけじゃないの?!(笑)
たんに集中力がないだけ??


あははは、、、。゚(゚´Д`゚)゚。



まあ話、続けます。


あとね、左脳を使った学習としては、一つずつ調べたり、メモを取りながら記憶させていく方法が良いらしい。



そうなんですよ!これなんです!



実はこのことを知るすこし前から、この作業を息子としているんです。

これに関しては長くなるので、次回に。




実際のところ、ネットで私が調べた程度の情報だし、

真実は分からないので、それがすべてではないし、間違って理解している部分もあるかもしれない。


脳科学とか心理学とか詳しいことはさっぱり分からないけど、


お家英語をやっていると、子供の性格に寄り添ったやり方だったり、子供の得意なことで伸ばしたり、

知らず知らずのうちに(脳科学だとか心理学だとか知らないけれど)、子供にあったやり方を見つけていくんだなと思いました。


まぁ、我が家はこのことに関しては気づくのが遅かったのかもしれないけれど(^^;)



なんか左脳だとか右脳だとか、それのせいにして、今までうまくできてこなかったのはそれが原因とかって

逃げるようになるのが嫌で、この記事を書くのもどうしようか、、、と思いましたが(T_T)

ある意味、効果的な方法を見直すきっかけにはなったのかなと思うので、書きました。



せっかく時間もお金も努力も体力も注いでるんだもん。
効率的に進めたい!




長くなったので、取り組みについてはまた書きます。






見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
プロフィール

aya

Author:aya
9歳の男子(小4)のかーちゃん♪

虫、歴史、サイエンス、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR