FC2ブログ

英語で虫にハマった我が家の取り組み(主にインプット編)

虫について英語でハマった話です。


自分の覚書もかねて、どのように虫について英語でもハマれたのか、我が家の取り組みについて(主にインプット)まとめてみました。(〃▽〃)


今回はタイミングや環境、モチベーションなど、全てが重なって、私もびっくりするくらい英語でも虫を楽しむことができました。ある意味奇跡です(笑)


今後、こんなに英語でハマるものに出会えるかどうかも正直分かりません。( ´_ゝ`)

なので、参考になるか分かりませんが、我が家の場合の話をさせてもらいますね。


あくまで、ご注意!
我が家はペラペラキッズではありません!( ̄。 ̄ノ)ノ

英語でも虫の話を楽しく興味を持って、話しているというだけですので、お間違えなく(・o・)



まずプロセスとして、我が家のキーポイントとなったことが3つあります。


1、英語より前に、すでに日本語で虫に関して十分に知識があったこと。


2.英語で虫の本を読んだり、話したりするときに、日本語で話すことを許したということ(虫導入の頃に我が家は英語語りかけを卒業しました)

3.虫について英語で話す相手がいたということ



まず1つめ、
英語の本から虫の知識を新たに得るということはほとんどあまりありませんでした。

言い換えると、基本は日本語の本、図鑑やテレビなどで覚えた情報が先に豊富にあり、それを英語の本などを読むことで、日本語と英語を擦り合わせていった感じです。

日本語で羽化という言葉を知らないのに、それが英語では言えるはずがないだろうなと思います。

他のハチは違うけれど、ミツバチは一度針を刺したら死んでしまうらしい。(内蔵が針につながっていて、刺した瞬間内臓も一緒に抜けてしまうらしい)とか。

あ、我が家の場合はね。バイリンガルのお子さんなら、それができるのでしょうが。



2つめ
1の擦り合わせをするために必要だったのが、我が家では日本語の介入です。
英語で虫の本を読んでいるときにでも、息子は日本語で話してきます。(以前は私がこれをあまりよしとしていなかったので、英語だけで会話が成り立つようにしていましたが、それに限界とお家英語に歪みが出て、結果私と英語の時間を持つことを拒みだしたので。)

例えば私が蝶の脱皮の話を本を見ながらしているときに、息子が『少しそれについて日本語で話していい?知ってた?蝶ってね、脱皮をね~するんだよ~』

みたいに、息子が知っている蝶の脱皮の情報を日本語でも多いに披露できる場所を設けることにしてあげました。

そして、息子が話し終えた後に『えー!知らなかったー!よく知ってるねー!それここにも同じことが英語で載ってるわー!読んでみるねー!』
という風に、息子が話した内容がいかにもすごい情報で、息子が物知りだ~という状況を作り出しました(笑)

私が知ってることでも、もちろん知らないフリ(笑)

虫に関しては息子は博士だという演出作りに徹しました。(´∀`*;)ゞ

そうすることで、自信が持てたようです。
みんなが知らないようなことを自分は知ってる、しかもそれが英語の本にも載っている=僕、すごいかも…


の構図です(笑)



3つめ
我が家は英語で語りかけをやめてしまったので、虫に関して、私は英語で情報を入れるための存在、
虫についての会話を洗練させるアウトプットの相手は別に作りました。
それが、オンラインの先生。
虫が好きな先生を見つけて、息子が英語で覚えた知識を披露し、そして新たな知識をもらい、そして英語を正しく修正してもらいました(私と覚えた虫の情報が英語で入っていても、それを正しく表現できないことも多いので)




サイエンスは専門用語が出てくるので、難しいですよね。

でも、逆にうちはその専門用語を息子と1つずつ覚えていくことが楽しかったのです。(*´_ゝ`)
息子と一緒に英語でも少しずつ虫博士になっていってる気持ちになったので。


実際にどうやって覚えていったか。


早々に買ったこちら


でも分厚くて、文章はそこまで難しくはないけれど、圧倒されてどこから読んだらよいのか、、、それなりに勇気がいる(笑)


なので、最初に薄い本を徹底的に読み込みました。


(私もマーケットプレイスで買いましたが、ここまで高くはなかったです。。。)

20161002232320885.jpg

20161002232339709.jpg
This is an insect. This is not.の短いセンテンスの繰り返しがある、簡単なものです。

そして最後に
20161002232358633.jpg
3ボディーパーツ『 Head ・Thorax ・ Abdomen』

息子が最初に覚えた専門用語(?)が↑これでした。

Head は知っていましたが、Thorax Abdomen、 これを覚えて、オンラインで話したときに先生によく知っているね!と褒めてもらい、それがすごく嬉しかったみたい。



そして、一つの虫だけについて書かれている絵本も読み込みました。

難しすぎない、でもちゃんと虫のことについて書いてある、本。

そして、私は写真がきれいな本を選ぶことにしました。ナショジオさいこー(ノ´▽`*)b☆


我が家はこれ。



ハチは全部beeだと思っていました。

でも、スズメバチはwasp、hornetと呼ぶらしいということを知り、

honeybeeは花粉を足につけて受粉を手伝うというくだりで、花粉pollenを覚えました。

pollenを覚えだしたころから、専門用語(?)を覚えることが楽しくなってきました。

前にも書きましたが、私は一度見ただけでは覚えれないいのですが、

同じような内容の本でも別のものを読むことで、また同じ単語に出会ったときに


「あ!これ前にも出てきた!」→英英辞書で調べる→息子と一緒に確認する→他の本(First Big Booksなど)にも同じことが載っているかを確認。

という感じで、何度かこの作業をしていくことで、専門用語もみるみる覚えていきました。


First Big Booksの本の巻末に専門用語がまとめてあるページを最近発見しました。
20161002234355656.jpg


私は全く知らないところから始めたのですが、親だけでも目に一度通しておくのもいいかもしれませんね。



ハチについてとことん英語で言えることを増やして、オンラインで披露したら、(そして気持ちよく褒められたら^^;)


次はbutterfly→spider(insectじゃありませんが)!といった具合に、一つずつ詳しく掘り下げていきました。


それをやっていくうちに、徐々に英語で書かれたそれぞれの虫の特徴の情報が浮き彫りになるというのかな?

「これは押さえるポイント」というのが分かるようになったみたいです。







インプットに関しては、こんな感じです。

アウトプットに関してはコチラを。




本当に、こんなに虫について英語でハマれたのは、奇跡かもしれない。


今後こういう存在が出てくるのか分からないけど。


でも、息子はこういうインプットの仕方が合っているみたいなので、


この方法を軸にやってみようかなと思い、良い機会なのでまとめてみました。


こんな取り組みですが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。(※^^※)


長々と失礼しました。








見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

好きこそものの上手なれ ですね〜
しかし、what's an insect? 私も持っていますが、値段の高さにびっくりです

sakasayoさんへ

Sakasyoさんコメントありがとうございます。
そうです!そうです!
こちらの本、sakasayoさんのブログで紹介されていて、良さそうだったので購入させてもらったんです!

息子が何度も何度も読んだ大好きな本になりました。
教えてくださりありがとうございました。

そして、値段…びっくりしました。

好きこそものの上手なれ…好きなものって、こんなにパワーがあるんですねo(^o^)o
身をもって感じました!

No title

ayaさん

今回の記事、とても参考になりました!
確かに、Big first book、分厚くて、母が勇気を持ってページを開いても興味が見てなかったのは、日本語の本でも厚い本未経験の息子、そこから既に逃げ腰だったのかもしれません(笑)

我が家も、薄い、基本的な事が書いてある本から導入を進めていこうと思います(*^_^*)

また、「好きこそ~」+母のナイストリックが必要だな~と
今回も改めて感じました。
悲しくも私にはそれが希薄なので、ayaさんの記事を端から端まで
読ませていただきます♡♡

miさんへ

いえいえ、読んでいただけて幸いです。(^^)

おうち英語、奥が深すぎますよね(TT)
子供によっても、親によっても、家庭によってやり方も違う。
マニュアルがこんなにもないんですね。まぁ子育てもそうですよね。

私もおうち英語、手探りで、3歩進んでは2歩下がる、、、な状況でやってます。

miさん、また情報交換しながらお互い頑張っていきたいですね(^▽^)

ありがとうございました。
プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR