FC2ブログ

多読へのステップ② 当たり前のことだけど気づけなかったこと! 

以前の多読へのスッテプの記事はコチラ


私のいう多読とは一人読みのことです。



今年の初めから、一年かけてチャプターブックまで持っていこうという多読のステップを本格的に開始しました。

1月からほぼ丸々3か月かけて、こちらのリーダー本box setを毎日続けてきました。
約100冊ほどのミニブックを毎日2、3冊(2,3巡目も含む)音読してきました。










その結果、以前までに音読していた時に感じた、発音、イントネーションの悪さや崩れは大分解消されていました。

短いセンテンスの構成だから、センテンスの全体のバランスが読む前、読む中でつかめるんでしょうね。
以前(1年半?2年前?)は単語を読みつなぎ合わせるのだけに精いっぱいだったんだなと改めて思う。


特に、このノンフィクションシリーズはスピーキングに直結するようなフレーズが何度もでてくるので、良かったかな。


予定通り上のサイエンス系リーダーたちがもう終わるので、3月末までに↓これを復習の意味を込めてやり、次のステップに進むつもりです。




で、この次のステップなんだけど。


お恥ずかしい話。。。今まで多読に関してステップをきちんと踏む計画を立てたことがなかったんです。



うーん、一言でいえば「行き当たりばったり」「無計画」。。。恐ろしいな。Σ(´Д`lll)


「これくらいの本の長さなら読めるかな~」「この本好きそうかな~」って感じで本を選んでいました。


それがうまく一致していたら、うまくいっていたのかもしれないけど、我が家は無理だった。

まず、本の好みは分かっているとして、本のレベルが合っていなかった。

「読めそうだと思っていた本」と「読める本」のレベルが一致していなかったんですね。


色々あの手この手で息子が自分で読むきっかけを仕込んではいたんだけど、それがうまくいかなかったってことは

「(読める)レベルの本を選んでいなかった」、、、これに尽きるんだと改めて痛感しました。


なもんで、読めるレベルって今までは、長さとか語彙とかで見てたんだけど、


もっと明確なものといえば、、、はい、普通に考えて「語数」なのかな。


語数カウントって私の中でチャプターやその一歩手前の段階で存在するキーワードだと勝手に思っていたんです。


だから簡単なレベルに語数をカウントするという意識がなかったのが正直なところ。



でも、語数の少ない=簡単というだけでなく、読みやすさも考慮されて作られているんですよね。


ということで、我が家で使えそうな本たちを中心に、語数のレベル順に分けてみました。



「100語前後」(1月~3月)
まず今取り組んでいるスカラのサイエンス系リーダー本はここのレベル。




次のレベルとして

「300語前後」(予定4月~7月)
・FLY GUYシリーズ


・step into reading 2 The Cat In the Hatサイエンスシリーズ



「500語前後」

・National geographic Kids level1






「800語前後」
・step into reading3 The Cat In the Hatサイエンスシリーズ




・National geographic Kids level2



・Ready to Read HENRY AND MUDGE





「1000語前後」←目標。一年間かけてここまでもってくるようにする。


こうやって見たら、今取り組んでる心地よく読めるレベルが、スカラのサイエンス系リーダー本が語数100前後
それに対して、ずいぶんと前に買って「読んでほしい!」と試みていたナショジオの本が語数が500だとか800語のレベル。



どう考えても、無理だった~んだな。。。と納得。



もちろん、語数だけで見極めるのは違うのかもしれないけど、現在のレベルを知ること、目標としているレベル、そしてその過程を知ることが、きちんとステップアップさせることへの基本だったのかもしれない。



4月以降のステップとして、300語前後の本に取り組もうと思っています。
↑上のレベルでいうと、FLY GUYシリーズ。
これは半年くらい前には読んでいました。でも、今100語をやっていたので、事実上レベルを戻した!ということ。

でも、それが良かったんだと思う!読めるっちゃー読めるんだけど、完全には心地よいレベルではなかったんだろうな。


ということで、また300語に再び進みます。

FLY GUYは息子も好きなので、取り組みに入れたら読むとは思います。

でも、それだけでは幅が少ない、数も読ませたいので、もう少し他も考えて。


あと、当たり前のことすぎるんだけど、ORTのようにレベルがある本は、このステップアップの管理が楽なんだろうなということ。
もちろん、レベル順に読んでいるから、単純に読み進めていけさえすればレベルアップということではなく、

今回のように、読みづらそうだったり、まだ次のレベルに行くのに厳しそうだと考えたら、「とどまること」、「戻ること」をちゃんとしなければならないということ。


以前買った、ORT Project X codeのシリーズ、kipperシリーズで使えそうな本も投入して取り組んでいこうと思います。


500~800語あたりに時間を取りたいと思っているので、4月からの300語は7月までには終わらせる予定。

これも期間で区切ったらいけないんだろうけど、一応この一年を目標にしているのと目安のために。





そして、毎朝読んでいるサイエンス系リーダー本にプラスして、
今はこちらのワークをしています。

DK Science




nonfiction readingのワークをしていたのだけど、アドバイスをいただいてDKのものに変えました。

それは、自分で読んで、無理なく自分で解けるワークをさせるためです。


もうね、自分で書いてて嫌になっちゃうくらい、「当たり前のこと」が当たり前に気づけてなかった(;д;)



そして、自力読みとは別に、今月から我が家にとって初の試み「聞き読み」も導入してみました。

今はMagic Adventuresを聞き読みしています。




息子の好きな漫画形式。



で、またバカバカな私はお友達にいただいた音源があるからという理由と、聞き読みなら自分で読まなくてもいいから大丈夫だろうという理由から、聞き読みのレベルでも無理な本たちを使おうとしていました。

Magc tree House だのGeronimoだの。。。


本当にバカすぎるわ。


もうね、安いからとか興味ありそうだから、いずれ読むだろうとか、そんな理由で洋書購入したらだめだよ、私。


あったら、使いたく(読ませたく)なっちゃうから。。。危険、危険。


今回も、こんなものを先走って作っちゃってさ。
20170316230913158.jpg
聞き読み、音源CDリクエストシート
(どんな音源があるか目で見てわかるようメニュー表のようにしてみました)


コンセプトとしてはいいんだけど、本のラインナップの内容を見直して出直します。







今までやってきたこと、時間もお金もかけて熱心には取り組んできたとは思うの。



効果が出ていないのは、レベルが合っていなかったんだろうな。
インプットとして自力読みの本だけでなく、動画も、(考え出したら何もかもと思ってしまう、(笑))


興味や嗜好は間違ってはいなかったとは思うんだけど。。。



もうね、今声を大にして言いたい、、、


(お金はまた頑張って作れるけど) 『過ぎた時間は取り戻せない』ということ!!



うまく取り組めていたら、もっと今よりは楽に効果もでて、息子のレベルも上がっていたんだろうなと思うと、申し訳なさすぎる。

苦しいと思うこと大変だと感じながら、付き合わせてしまっていたのかもと思うと、本当にもうやりきれない。


でも、息子はそれでも今自分が英語を話せるようになってきていることを喜んでいるし、英語も好きだと思ってくれていることが救いなんだけどね。すべてが無駄だったわけではないだろうけどね。(そう思いたい。)



親として、うまく導いてやる!英語だけでなく、これからもずっと続くこと。


そして、それを改めて気づかせてくださり、たくさんアドバイスをくださったLaylaさん、Rちゃん、先輩がた、英語友達の仲間、、、本当に感謝しています!


無駄にしたと嘆いた時間は無駄にしない!これからにつなげていくんだー!!









見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ。何だか感慨深い内容だったわ。
チャプターへの移行、確かに悩むよね。
うちもその時期は聞き読みをしてたわ。
色んな人のブログや意見を参考にしたところで、
見てきたもの、聞いてきたもの、好きな物、嫌いな物が違うから何にハマるかは子供によって違うんだよね。
でも、みんなそうやって色んなものを試しながら自分の子に合ったものを見つけていくんだから、ayaちゃんの行動は間違えだったわけじゃないよ~。
大事なのは子供の「楽しい」に寄り添えてるか。
その観察を続けることだね~。

きりんさんへ

やってきたことが間違いじゃない…そんな優しい言葉をきりんさんにかけてもらったら…泣きます( TДT)

他のみなさんも試行錯誤をしながら進まれてるんだろうなとは思ってますが、ここまでズレてるなんて致命的だなとも思ってしまいます(笑)

いや、言い訳だけど、ちょっとのレベルのズレなんだけど…でもそのちょっとのズレが大きいんだろうな。

『子供の楽しいに寄りそうこと』…一番難しそうで、でも簡単なようで、そして一番大切なことで…奥が深すぎる。

子供の年齢が上がっても、この観察はずっと必要ですもんね!
続けます!そしてまた道を外れてるなと思って、軌道修正しながら、進んで行きます~!

コメント、ありがとうございました(*^^*)

No title

こんにちは(^^)
昨日はお声掛けしてくださってありがとうございました^^
愛知のたいちょーに感謝しなくては!

そして、多読に入ろうかと思う我が家にとってもありがたい記事をありがとうございます^ ^ うわーせっかくの機会お話ししたかったです!
これは関西またおしかけなくては笑

ちょこちょこと
お邪魔させていただけたらと思います(^^)
よろしくお願いいたします(o^^o)

きぃぴぃさんへ

早々にコメントありがとうございます(*^^*)
こちらこそ、急にお声かけてしまいました。

またゆっくりお話できる機会があればいいですね!
あいちの番長にもよろしくお伝えください!


中々更新できていないこのブログです。お役に立てる記事があるのかな…( ´_ゝ`)

私もブログにお邪魔させていただきますー!!
ありがとうございました!

お久しぶりです。

ayaさん、なんやかんやあって(←いいわけ)お久しぶりにコメントお邪魔します。息子ちゃん、ふときづいたのですが、もう7歳なんですね~!

そして おうち英語のすごいこと!

全部のご家庭がこうだったら、
もう 英語教室いらんやん!ってかんじです。

お子さまのことを一番ご存知なのは、
おとうさん、おかあさんであることが
当たり前のようにおもっていましたが、
最近 お子さまにかかわる仕事をしていて
そうでもないこともあることに気が付いています。

そんな中、お子さまと向き合って
いろんな試みをされているayaさん、すごいです。


あ、そして、業務連絡なんですが、すみません。
PCのアドレスを変えたりで、
ayaさんのメールが帰ってきてしまいました。
申し訳ありませんが、ブログかHPのメール欄から
メールをいただけますか?
ラズキッズの更新についてのメールを配信しているところです。
よろしくお願いいたします。

(;^ω^)

tamirinさんへ

お返事おそくなりすみません。
ブログの方にメールさせていただきました。
こちらも、ラズのこと気になりながらなかなか連絡できずすみませんでした。

そうです~息子7歳になりましたよ!早いです!

「母親が一番知っている。」そうですね。それが当たり前と思ってしまって、過信してもいけないですしね。
逆に学校や習い事の先生に、家では知らない子供の姿を教えてもらいたいな~とも思ってもみたりします。

tamirinさんのような信頼できる先生にお子さん見てもらえる親御さんは本当に幸せだなと思います。(※^^※)



すみません、つづき。

ayaさん、またまたすみません。

実はメールをいただいたのですが、
こちらからのメールをうけつけてくれないみたいなの~。

gmailでもだしたのですが、
かえっててきてしまうので
gmailを受けていただける設定変更、何かしていただけますか~?

こちらに届いているということは
アドレスはあっているとおもうのですが、
outlookでもGmailでも
だめなんです。

とりあえず、更新ですかね?
そのままにしておきますね。 
プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR