FC2ブログ

フィリピン短期親子留学② 行先をフィリピンに決めた理由

前回の続きです。



我が家はなぜ親子留学にフィリピンを選んだのか!

ズバリ。。。費用面大きいです!(笑)

できれば欧米にステイしてみたいと思い、色々費用面でも調べてみましたが、我が家には到底無理な金額でした(爆)


そして、決め手はもう一つ!!
今のオンライン英会話レッスンを取るようになり、もうすぐ2年。
実際にフィリピンにお気に入りの先生に会いに行きたい!


ということで、行先はフィリピンに決定!


それでも、親子二人だけの旅は心配も多く、旅慣れしていない私にはちょっとハードルも高すぎるかも。。。

旦那にもフィリピンの治安は大丈夫なのか?少し値段が上がってもオーストラリアとかアメリカ、カナダとかの方がいいんじゃないか?とか言われました。


うん、そうなんだけどね、、、私も悩みました。

でもね、「少し値段が上がっても」⇒いや、少し上がっただけでは、いけないんだよ、欧米には・゚・(つД`)・゚・

それでも行先をフィリピンにと背中を押してくれたのは、以前フィリピンに親子留学をされたお友達のお話でした。

色々話を聞くうちに、やっぱりフィリピンに行きたい!と思うようになりました。


そしてやっぱり、好きな先生のいるフィリピンという国に行くことで、帰ってからのモチベーションアップにもつながると思ったからです。


それが、今年の1月の話。


では、実際いつ頃、フィリピンに行くことを決めたかというと。

1月の半ばに説明会(大阪)に息子と2人で参加して、その2週間後には仮契約をしました。

早っ!(笑)

うん、我ながら早い決断だったと思います。(=∀=)


で、実際にどうやって決めたかという話。




まず、「フィリピン親子留学」と決めたとしても、方法はいくつかあります。

①フィリピン留学の受け入れをしているいくつかの学校を紹介してくれる留学エージェントを窓口にする

②フィリピン留学のプランを企画している学校に直接連絡を取る
 (主に韓国資本か日本資本)

③直接フィリピンの現地校に、短期もしくは長期で通う

④オンラインスクール(フィリピン)が企画している短期留学に申し込む


我が家は②にしました。

③は初めから考えてはいなかったんだけど、実際ネットで調べていて①(エージェント)と②の区別があまりつかなかったんです(。-_-。;)


それだけ、最初はあまりにも情報をつかめていなかったというのと、②のフィリピン留学を企画している学校自体が宣伝の仕方がうますぎて(広報がしっかりしているというのかな?)逆にエージェントとあまり提携している感じがなく、エージェントを頼らずとも自立している?というのかな。。。(よくわからない表現ですね。。。^^;)




その前には、ネットで『フィリピン親子留学』で色々検索しまくって、、、

留学比較サイトみたいなのにも問い合わせしました(しかも布団でスマホからネムネム状態で)
しばらくは、パンフレット、そしてメール、電話がバンバンかかってくる状態でした。((((;゚Д゚)))))))


なんせ、眠気眼で何も考えずポッチっと問い合わせ一斉送信メールしたもんですから(笑)

電話がかかってきても、「えーっと、留守電にお電話いただいた会社ですかね?」と尋ねると、

「いえ、初めてお電話さしあげました・・・。」こんな状況が何回か(笑)

(これがエージェントだったんですね。それすら分かっていなかった。。。)



そして、色々学校の様子をネットで調べて、私は②の学校を、2校検討することにしました。

最初に問い合わせたのは事務所もフィリピンにある学校。

メールしたら、すぐにメールと電話がきました。
いやね、電話がフィリピンからかかってきてると感じないほど、タイムラグもなく(そら時差もあんまりないし)、電話の音もクリアで近い感じ。

なんせ日本語だしね(笑)

若い日本人の男性のスタッフの方が本当に丁寧にフィリピンのことについてほとんど知らない私に立地のことから治安のことなど色々と教えてくださいました。

この方とお話させていただいたことで、一気にフィリピンへの留学をイメージすることができました。


だけど、そこまで親切に教えていただいたにも関わらず、結局ここの学校にはお世話にはなることはありませんでした。


もう1校を選ぶことになった決め手、、、

それは留学サポートを受けれる事務所が日本にあるということ(しかも大阪)

これが大きかったです。

なので実際に説明会(1組ずつ)に申し込んで、息子と二人で参加してみて、

その学校の留学プランがとても気に入りました。

実際に直接話を聞けるというのは大きかったです。


家に帰って、旦那に家内プレゼンをして(はい、色々メンドクサイ我が家です^^;)

意外にも旦那が「ええやん!」と言ってくれたので、3日後には仮契約して、説明会から2週間後の1月末には手付金を入金。




いやいや、気に入って決めたからといっても、全額ではない手付金だけといっても、

正直「だまされてたらどうしよ・・・。」って。



ずーっと、アタフタしてました。(笑)

なんせ、結構すぐに決めてしまったから。



フィリピンまでの航空券の値段が夏休みに近づくにつれ、値上がりしていくというのを聞いたので、焦っていたというのもありますがが。
(でも実際は夏休みに行くなら、3月、4月くらいから本格的に動き出される方が多いみたいですね。それでも早くに決断したことで、行く前の準備に時間を取れることにメリットはあるかなと今は思います。)







それと、何事にも慎重で石橋を叩いて渡る(渡る前に叩いてつぶしてしまうような)旦那が、意外にもあっさり後押ししてくれたから。


そう、結婚してからいつも旦那の意見を尊重し(良いように言えばw)、それに反発はするものの、

結局旦那に舵をとってもらっていたわけだから、『自分ですべて決める!』という感覚が鈍っていた、

そしてその責任の重さを改めて痛感。


だから「だまされているかもしれない・・・」と毎晩不安だったのです(笑)



そして3月末には全額を振り込み、申し込み完了。本契約しました。


もう、さすがに「だまされてるかも・・・。」とは思わなくなったけど、

あ、このフィリピン親子留学の記事の更新がなくなったら、そういうことだったのかと、お察しくださいね|ω・`)


って、それは、せつなすぎるわ。。。Σ(´Д`*)



1月の末にはフィリピンへの短期親子留学を早々に決め、その後としては、


航空券の手配。


ネットから自分で航空券を予約することもできたんだけど、


私は契約した学校と提携している旅行会社さんにチケットの手配をお願いすることにしました。


それは、今までツアーでしか海外に行ったことがなく、慣れていないため、

そしてトラブルがあった時に頼れる窓口があった方がよかったからです。

個人でネットから航空券を予約されている方も多いみたいですね。

それの方がやっぱり値段は安く抑えれるみたいだし。

それでも私は『安心』を取りました(笑)



実はまだ航空券の支払いはしておらず。。。

燃油サーチャージャが2月の時点で値上がりするから、金額が上がりますよとお知らせはきたのですが、


もしかしたら息子の急なケガや病気で行く期間が変更したり、キャンセルすることになったら、、、と考えて、


支払い最終締め切りギリギリ5月末まで金額を振り込まずに、手配を抑えておくという状態にしております。


でも、学校にはもう全額を支払ったので、

(実はこの学校は行く日程が無理になった場合は日にちを伸ばす、変更できるという制度があったのと、全額を支払った時点でフィリピンに行くまでの期間、週1回スカイプレッスンを受けることができるという特典があったため、学校には3月の末に全額支払いました)

航空券もそろそろ支払おうと考えています。ヾ(・∀・)ノ





フィリピン親子留学を決めてから参考にした本たち。


フィリピンへの留学が人気の理由などがよくわかりました。
短期でも行くことへのメリット、行くまでに何をすべきかということもイメージできました。



フィリピン留学が有名にはなってきたけれど、学生、社会人など単身での留学がまだまだ多い中、
親子で留学したということを(そして長期ではなく、短期で留学をされた)実体験に書かれている本です。






見てくださった方
コメントいただけたらありがたいです☆

英語育児中のママともお友達になれたら嬉しいです☆

↓↓↓ランキングに参加してます♪応援ボタンよろしくお願いします☆ぽしょり♪♪♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aya

Author:aya
7歳の男子(小2)のかーちゃん♪

虫、歴史、おしゃべり大好きな息子との生活を楽しんでいます(※^^※)


子供英語を通して、育児も私自身も楽しめたらなぁと思ってます♪


興味があるものってすごい大きな力!
息子の興味があるものを見逃さず、「旬学」を目指して手作り教材も楽しんでます♪

英語絵本・CDたち
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR